AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2007年05月27日 00:32

イラスト(その4)

AMATAです。

sample2.jpg

来週末は大学時代の友人の結婚式です。
早いものでもう4組目のイラストになりました。
今回は6頭身バージョンです。

ただ、
一週間前だというのに、まだボードが完成していません。
やっと今、ボードの基になるイラストを描き上げた所です。

5月は同時進行した仕事の数が多いだけでなく、
クオリティを求められる内容が多かったので、
脳みそをフル回転どころかオーバーヒートで走り続けた結果、
少し過労気味になり、
後半にさしかかったところでペースがガタ落ちしてしまいました。
ハトの一件もあったし…

さすがにこの状況での体調管理は難しいです。
皆さんも気をつけてください。

さて、もうひとがんばり。

投稿者 amata 00:32コメント (0)トラックバック(0)

2007年05月23日 23:17

不意打ち

AMATAです。

pic.jpg

昨日は四天王寺で狂言の広告のための撮影でした。
狂言界の重鎮『茂山千之丞』さんと脚本家の『わかぎゑふ』さんのお二人。

朝から緊張しっぱなしで、
直前までずっと落ち着かなかったのですが、
お二人共気さくな方で、本番は終始和やかな雰囲気で撮影できました。

初めてご一緒させていただいたカメラマンも素晴らしく、
思い描いていたイメージよりも格段にいい写真が撮れました。

と、そこまではいい一日だったのですが、
一仕事やり終えてホッとしながら歩く帰り道、
あろう事か人生で初めて、『クルックー』でお馴染みのハトに糞を振りまかれました。

それも漫画みたいなカワイイ一粒ではなく、リアルな拡散ビーム。
頭上からの不意打ちなので、当然何の前触れもなく…
髪の毛からジャケット・シャツ・パンツ・靴・鞄に至るまで、
僕のフルコーディネートをまんべんなく台無しにしてくれました。

昼下がりの出来事でしたが、
これならピーコに酷評された方がよっぽどマシです。

隣で歩いていた担当の方は、なぜかほぼ無傷。
僕だけ何かの罰でも当たったんでしょうか…

いろんな事を経験するのは重要ですが、
これはもう金輪際ゴメンです。
帰りの電車ではできるだけ人が集まらない場所にコソコソと立ち、
大阪から滋賀までの一時間、地獄の時を過ごしました。

話が前後しますが、
滋賀では『東芸術文化会館さきら』で行われます。
興味のある方、チラシやポスターだけでも是非ご覧下さい。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 23:17コメント (0)トラックバック(0)

2007年05月19日 23:20

水彩絵の具

AMATAです。

enogu.jpg

昨日今日とアーティストの名刺制作のため、
久しぶりに水彩絵の具を使用しました。

デジタルとかアナログとか、
そんな事はどうだってよく、とにかく楽しいです。
自分でも信じられないくらい童心に帰っていました。

誰もが美術の時間に習った、
マーブリングやらスパッタリングやら、
最後に手を動かしたのは15年くらい前になりそうな技術を駆使し、
直感的に『カッコイイ』ものを創るだけの作業。
今回はデザイン性よりもアート性にベクトルを向ける。

デザイナーを志す前の10代後半は、
デザインなんて言葉の意味もよく分からないまま、
ただカッコイイものだけを作っていました。

いいものができた時の、震えるようなアート特有の感動、
そんな感情が、29歳にして再び蘇ってきました。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 23:20コメント (0)トラックバック(0)

2007年05月15日 17:02

逆算

AMATAです。

mid.jpg

料理をするにも旅行に行くにも、
当然仕事をする上でも『逆算』が重要になります。

この間友人のデザイナーが、
勤務していたデザイン事務所を事実上クビになりました。

彼はまだキャリアも浅く、
基本的に“即戦力”が必要なデザイン事務所では、
成長する事がなかなか難しかったのだと思います。
以前僕も全く同じ経験をしたので、気持ちは痛いほどよく分かります。

数年前のデザイン事務所時代、
僕も自信だけは人一倍あったものの、
プロとしての仕事は全く出来ず、毎日社長から怒られていました。
技術的なことはもちろん、
仕事をする上での『逆算』が出来ていなかったためです。

明日の12時に納品なので、
何時までにこれを仕上げて、
その間にこっちを片付けておけば余裕を持って間に合う…

自分の技術が不確かで不安定だったので、
『この仕事ならこのくらいの時間でできる』という計算が全く出来ませんでした。
きっと彼もそうだったのだと思います。

ですが、
その逆算が出来ない事よりも致命的なのは、
『どんなデザイナーでありたいか』という、
明確な“立ち位置”を持っていなかった事です。

今後の事を話していた時、
まず今後もデザイナーでいたいのかどうかを問いただしたのですが、
即座に返事は帰ってきませんでした。
怒られっぱなしの毎日だったので、
気持ちが折れてしまっているのも仕方ありませんが、
現実として『将来のための逆算』が出来ていない状態でした。

具体的な未来像がなければ、
自分が今どの部分にいるのかが分からないし、
何のためキツイ仕事をしているのかも分かりません。

とりあえず毎日デザイン事務所で勤務しているだけでは、
自分が本当にこの仕事をしたかったのか、いつか必ず疑問を持ちます。

最初は分からなくても、
毎日勤務する中で気が付く事はたくさんあります。
そうして悩んで、自分の理想を描いて欲しい。

最近スタッフにも言うのですが、
『カレーを作って』と『カレー風のものを作って』では全然違うんです。
『風』が加わっただけで、一気に曖昧になってしまう。決まった形がない。

カレーなら、よく知られている一般的な材料で出来ますが、
カレー風となると、自分なりの『カレーの定義』を作らなければならない。
イメージを形にするのが仕事の僕らデザイナーにとって、
それは必ず持っていなければならないスキルなんです。

会社をクビになった事は辛い事ですが、
彼には今よりパワーアップして、這い上がって欲しいと思っています。
自分の人生は人任せにはできませんから。

なんだかまとまりのない文章でスイマセン。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 17:02コメント (0)トラックバック(0)

2007年05月11日 01:05

誤操作

koe.gif

AMATAです。

デザインの仕事をしていると、
思いがけず美しいものが生まれることがあります。
メールをただコピー&ペーストしたらこんな事に。

思いがけずと言えばGWにあった出来事。
ケータイのメモリ登録ではトップバッターである事が多い私『安藤』。
誤操作で知り合いからの呼び出しが2件もありました。
折りたたみケータイが普及してめっきり減ったのに、それぞれ別の人から。

うち一人は丑三つ時にかかってきた『テレビ電話』での呼び出し。
電話に出ると、どうやら電気を付けっぱなしで寝てしまっている様子。
お腹の部分だけがディスプレイに表示され、ゆっくりと上下運動している。

新鮮だったのでしばらく観察していましたが、
どうやってケータイを触ってしまったのかが全く想像できません。

今までは誤操作で迷惑なのはこちらだけでしたが、
テレビ電話となると誤操作してしまった側も大変です。

皆様くれぐれも気をつけてください。
『ア行』の人に嫌われてしまうかも知れませんよ。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 01:05コメント (0)トラックバック(0)

2007年05月09日 18:14

やんちゃ

AMATAです。

sercu.jpg

まだ5月だというのにサーキュレーター登板。
サーキュレーターも『え、もう出番ですのん!?』と思っているはず。
投球練習させる余裕も与えず、いきなりの全力投球を強要する鬼コーチっぷり。

『いやぁ7月でこの暑さなら12月には…』
なんて笑いの定番ネタが笑えない程に、気候が“やんちゃ”になって、
年が経つごとに暑く感じる。

暑いの弱いんです。
冬生まれが影響しているのか、寒い方がまだいい。
暑いのはもうどうしようもなく、フニャフニャになってしまう。
もう少し待って欲しいもんだ。

投稿者 amata 18:14コメント (0)トラックバック(0)

2007年05月02日 21:14

LIVE STAND 07

AMATAです。

stand.jpg

待ちに待った『LIVE STAND 07』観に行く。
13時〜20時までの7時間と、
僕が行った過去のイベント史上最高の長丁場!
チケットも前売りで8,000円と高額なので、
それくらいはやってもらわないとと思いつつも、やっぱり長い!

年末恒例の『オールザッツ漫才』を全部観ても5〜6時間なのに、
それ以上となると途中で飽きるかも!?なんて心配もチラリ。
しかもオールスタンディング。
前日仕事で殆ど寝ていないし、体力持つかな…

LIVE STANDのステージは、全部で3つ。
漫才中心のステージや、注目若手のステージなど、
それぞれが同時進行で行われるため、
物理的に全てのステージを観ることは出来ず、
観たい芸人がかぶってしまった場合、
泣く泣く決断をしなければならない。この辺りも面白い。

事実、ムーディー勝山とチュートリアルで死ぬほど悩む。
遠足のお菓子の『この少ない予算で何を買う!?』くらい悩む。
結局前後に出るコンビとの兼ね合いもありチュートリアルを選んだが、
終わった今でもムーディーが気になる。悔やむ。

ちなみにステージ→ステージの移動は結構遠く、5分程度は必要。
だから隣のステージの声を殆ど聞く事が出来ず、
一度たりとも『右』あるいは『左』の声を聞くことは出来なかった。

7〜8割が女性客で、
麒麟などの男前芸人が出る時間帯には案の定移動が激しく、
別ステージで時間がかぶった芸人は、かなり辛かったように思える。

中でも、
ケンドーコバヤシと麒麟がかぶった時の女性の動きは実に見事。
それを分かっていたのかケンコバの下ネタ120%っぷりも圧巻。
『お前らはさっさとあっち行け!』というメッセージがビシビシ伝わるネタっぷり。
今年もケンコバは男の中の男だ。

NGKやワッハ上方などのホールに比べ、
ステージとの距離はあるものの、
ライブ感とグルーヴ感が圧倒的で、この空気感は他では感じることは出来ない。
それだけでも貴重だ。

さすがに長く疲れたのか、
ステージ後方で地べたに座って観てる人も多いが、
それでもちゃんと普通にステージを観ることが出来る。
7時間フルテンションを維持しなくていい事は、すごく有り難い。
僕と友人も『ざ・ちゃらんぽらん(旧ライセンス)』『ダイノジ』はそうして観た。

『見たい所だけ力を入れて観る』。
この野放し感がとても心地良い。

ご存じの様にTV番組は大してウケてもいないのに後から笑いを足したり、
スベっている所は切られたりと、ガッチリ編集される。
ライブはそれがない点が本当に素晴らしい。事実『まちゃまちゃ』はスベっていた。
このイベントにまちゃまちゃは向いてなかったかも知れない。
僕の中ではキングコングもなかなかスベっていたが、
女性ファンに怒られそうなので否定しておく。

大阪でしか殆ど知られていない芸人の反応も面白い。
『徳井LOVE』『井上LOVE』なミーハーファンが圧倒的に多い中、
『青空』や『シンクタンク』がウケるウケる。
ミーハーでも正当な評価がキッチリあるのが嬉しい。事実出来はすごく良かった。

東京勢の若手も面白い。
『心配ないさ〜!』の大西ライオンは生の舞台でこそ活きるようだ。
他にもチェックしたい芸人がパラパラいた。

やはりピカイチは『タカアンドトシ』。
とにかくファンが圧倒的に多い。ミーハーではなく『タカトシの漫才ファン』だろう。
オープニングアクトに恥じない素晴らしいネタを披露。
しかもお馴染み“欧米か!”はネタ時間10分のうちたったの一回だけ。
このあたりがさらにニクい所。定番に頼らずとも客を掴める凄さ。
緩急織り交ぜて余裕の進行。もしM-1に出られたら間違いなく優勝だろう。

そう、
このイベントは各コンビの持ち時間が10分程度ある所も魅力。
TV用の1〜4分程度では分からない真の実力と面白さが分かる。
芸人が好きな人は、LIVESTANDでなくとも是非一度生で観て欲しい。
舞台に足を運んで欲しい。

ブログの長さからも分かるよう、LIVESTANDはとにかく僕のツボ。
来年も絶対行きます。来年は3日間制覇目指します。

※このイベントに行った事を友人に伝えると、
 『あれ観に行ったんだ〜』とやや見下しがちの人も。
 音楽イベントや芝居はそんなに格好良くて偉いのか。
 笑いも同じくらい生活に溶け込んでいるというのに。それが悔しい。

投稿者 amata 21:14コメント (1)トラックバック(0)