AMATA 秦基博 芸人 グルメ カメラ イラスト ネコ プリン chum-chum closet 栄喜知

2007年11月30日 20:30

牛乳プリンのキャラメル

AMATAです。

morinaga.jpg

手軽に買えるプリンとして気に入っていた
『森永牛乳プリン』のキャラメルが発売されていました。
森永製菓と森永乳業とのコラボレーション。

パッケージのイラストがひとつずつ違う芸の細かさは
もちろんキャラメルでも継承。これがないとやっぱり寂しい。

ひょっとすると本家のプリンより美味しいかも。
キャラメルを続けて食べる事なんて滅多にないんですけど、
気が付けば4〜5個なくなっている。

やや甘めなので仕事中に食べるのがグーです。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 20:30コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月29日 23:30

商売道具と目の輝き

AMATAです。

この間、
料理人の友達と一緒に京都の錦市場に行き、
有次(ありつぐ)』という包丁鍛冶のお店に入った時の事。

一風変わった形状や、細かく刻まれたサイズの包丁がずらりと並ぶ店内、
『美味しんぼ』でしか見た事のない銅製の卵焼き器なども並ぶ。

商売道具だけあって、
その友達は本当に嬉しそうに包丁を見ている。

『ショーウィンドウのトランペットを眺める少年』という、
オーソドックスなたとえがピタリとハマる。

趣味で料理をする程度の僕ですら、
なかなか楽しめるお店なのですが、彼の目の輝きは全然違う。
先日の『トプカプ宮殿の至宝』とも良い勝負(僕は負けました)。
まさに“食い入るように”、そして無邪気に見ている。


この光景、どこかで見たような…


としばし考えていると、
僕がappleの製品を見ている時のテンションと全く同じなのである。

包丁とMac。
モノは違えどお互いの商売道具。そりゃ目も輝く。
自分の商売道具を愛せない奴とは友達になれないなぁ、と切に感じました。

さて、店が連なるこの錦市場。
有次を出た後、今度は3件隣の鶏卵店で焼かれる出汁巻きを熱心に見ていました。
彼は愛すべき『料理バカ』でした。


この光景、どこかで見たような…


としばし考えていると、
僕が街で広告を見ている時のンと…


滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 23:30コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月28日 21:17

トプカプ宮殿の至宝展

AMATAです。

topkapi.jpg

きのうは京都文化博物館へ『トプカプ宮殿の至宝展』を観に行きました。

トルコ共和国の前身『オスマン帝国』の荘厳な武具や
スルタン(君主の称号)が所有した財宝の数々に加え、
宮廷の女性たちにゆかりの優美な衣装や装身具、
中国陶磁器の名品などが紹介されていました(京都文化博物館Webサイトより引用)。

〜〜〜

いつもならのんびり観ながらも、
仕事に使えるアイデアを探すべく目を光らせるのですが、
今回の展示物は金銀ダイヤ・ルビー・水晶・真鍮などのオンパレードで、
僕の微力な目の輝きはあっさりかき消されました。

それからは戦意を無くした動物のように大人しくなり、
目の前に並ぶ絢爛豪華な財宝を観ながら、
ただただ『おお〜』『はぁ〜』『ほぉ〜』を繰り返していました。

中には350年ローンでやっと買えるくらいの財宝もちらほら。
凄い時代があったもんだ。

社会の教科書を見ながら学ぶよりも、
こうした美術品などから歴史を辿る方が頭にスッと入る。
社会が大の苦手な僕にとっては、
分かり易く歴史を学べるようデザインされている教材でもあるんです。

京都文化博物館

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 21:17コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月26日 13:18

安彦良和原画展

AMATAです。

gundam.jpg

ガンダムなどのキャラクターデザイン・作画で知られている
『安彦良和(やすひこ・よしかず)原画展』に行きました。

子供の頃、
プラモデルのガンダムにはやたらとハマったものの、
若井おさむのモノマネはコピーするものの、
実はガンダムのアニメはほとんど見た事がなく、


『そんな奴が安彦さんを語るんじゃねぇ!』


と、
土田さんや千原“やすし”さんに怒られる事間違いなしの僕ですが、
圧倒的画力に衝撃を受けっぱなしでした。

メカニックの表現だけでなく、
色遣いや魅せ方など、全てにおいてとにかく卓越している。
架空の世界観が、どれも現実に思えてくる。

殆どのカラー作品が水彩+ポスターカラーという、
誰もが一度は使った事のあるありふれた画材だけに、
素直に負けを認めずにはいられませんでした。ホントに巧すぎる。

また、絵が描きたくなりました。

身長57m体重550トンの『コン・バトラーV』も氏が手がけていたのですね。
“超電磁ロボ”という過激な設定は今回初めて知りました。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 13:18コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月24日 16:06

クリスマス仕様

AMATAです。

kuhn_xmas.jpg

雑貨セレクトショップKuhn様のTOPページを、
クリスマス仕様に変更しました。

店舗ディスプレイもクリスマス仕様に変更されていますので、
お近くにお立ち寄りの方は是非足を運んで下さい。
メチャクチャ素敵ですので、見るだけでも価値アリです。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 16:06コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月22日 19:40

はや2ヶ月

AMATAです。

『営業日は必ずブログ更新』を誓ってから、
早いものでもう2ヶ月が経ちました。自分でもビックリです。

お陰で今では『ブログを書く・書かない』ではなく、
『今日はどんな事を書くか』という次元で考えられるようになりました。
これは純粋にいい事だと思います。

2ヶ月続けてみた感想として、
これだけは言い切れます。


『ブログはできるだけ毎日続けた方がいい』


理由はあえて書きませんが、
2日に1回書くくらいなら、毎日の方が絶対にプラスになります。

そうはいっても毎日はなかなか大変ですので、
毎日書くためのルールとして、僕は以下の条件を設定しました。

・写真はあった方が良いが、別になくてもいい。
・トピックは自由
・文章量は特に制限しない(短すぎてもいい)
・書き貯めもOK

どれも書くための精神的ストレスを軽くしています。
変に制限をかけると、なかなか続かない。

続かないどころか、
ブログを書く事から避けるようになります。
『毎日腹筋200回!』を続けているノン・マッスルな方がいないのと同じです。

やはり長続きするためのルール設定は重要みたいです。
この考えは他でも使えそう…

〜〜〜

最近、
久々に会っても『ブログ読んでるから久しぶりじゃないよ』、
という方が増えました。

読んでくれている事はとても嬉しいんですけど、
僕だけ久しぶりというのはなんだか不平等で悔しいです。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 19:40コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月21日 21:46

カクカク

AMATAです。

P1030310.jpg

WILLCOMを『9(ナイン)』に機種変更しました。
久々のストレートタイプ。

キャンペーン中につき0円で機種変できたのですが、
それがかえってソワソワします。『ホントにいいの?』みたいな。

おかげで僕のケータイは2台ともカクカクです。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 21:46コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月19日 19:53

糸賀一雄記念賞 第六回音楽祭を観る

AMATAです。

itoga.jpg

昨日は栗東芸術文化会館さきらへ、
『糸賀一雄記念賞 第六回音楽祭』を観に行きました。

障害のある方々が魅せるダンスや音楽表現がメインですが、
上の写真のように無料参加のダンスワークショップも行われていました。

時間に余裕がある時には、
こうして担当させていただいた現場に足を運びます。

内容が気になるというのもあるのですが、
実際に現場を観る事で、
机上では見えなかった良い点・悪い点が浮き彫りになり、
今後の課題が明確になるからです。
課題が見つかると、次回は必ずもっといいものができます。

itoga.jpg

ロビー風景。前にはポスターがズラリ。

itoga.jpg

A4チラシ。プログラムも同じデザインです。

itoga.jpg

入場パス。これで3つのホールを自由に行き来できます。

itoga.jpg

各ホールに設置されたスタンプ。こちらは小ホール。

itoga.jpg

中ホール。
スタンプのイラストはチラシやポスターとは微妙にタッチを変えています。

itoga.jpg

そして大ホール。

itoga.jpg

スタンプ台紙は入場パスのウラ面。全部押すとこんな感じです。

itoga.jpg

小ホール看板。言うまでもないですが看板は各ホールの目印となります。

itoga.jpg

こちらは中ホール。

itoga.jpg

最後に大ホール。『大』の字が切れてしまいましたが、どうか信じて下さい。

itoga.jpg

出演者の方それぞれが書いたメッセージ。
もちろん担当外ですが、これすごく良かったです。見入ってしまいました。

itoga.jpg

決してクオリティが高いわけではないのですが、どこか目が離せない。
キャンドルの火をついつい見続けてしまうように、
自分に問いかけるような気持ちでしばらく舞台を見ていました。
体の芯にある何かに引っかかった気がします。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 19:53コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月17日 20:40

ケータイチラシ

AMATAです。

qr.gif

西友の『ケータイチラシ』をチェックしてみました。
内容は、本物のチラシをケータイで閲覧出来るというもの。

価格.com』を進化させたような、
自分が行くスーパー数件の料金比較が瞬時に出来るサイトがあれば、
結構便利かなと独立前から考えていたのですが、
『ケータイでチラシを見る』という方法はいかがなものかと。

確かに、
買い物中にチラシが見たくなる事はよくあるので、
ケータイでチェックできる事にメリットはあります。

ただ、
ケータイの狭い画面に表示されるチラシを
チマチマ移動させながら、誰が買い物するでしょう?
回線速度がどれだけ早くなろうと、
ディスプレイがどれだけ大きくなろうと、
行動としてあまりに非現実的な気がしてなりません。

ケータイというメディアに合わせた情報整理が成されており、
何かしら生でチラシを見る以上のメリットがなければ、
これは使われないと思います。少なくとも僕は使いません。

実際の操作感は悪くなかっただけに、
ちょっと残念です。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 20:40コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月16日 15:39

佐藤可士和Webサイト

AMATAです。

kashiwaweb.jpg

佐藤可士和氏のWebサイトが出来ていました。知らなかった。
それにしても可士和節全開だ。

一見ランダムに使われていそうなカラーも、
各プロジェクトで使用したカラーだけをピックアップして、
ランダムにモーションさせている。

その点に気が付くと、
第一印象とはまた違って見えるから不思議。

賛否両論が出そうですが、
写真が大きくて僕は見やすい。いろいろと参考になる。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 15:39コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月15日 18:32

ネコカフェ

AMATAです。

nekocafe.jpg

生まれて初めて『猫カフェ』なる所に行きました。
コインランドリーといい最近は『生まれて初めて』フェア開催中です。

簡単に言うとお茶しながらネコたちと戯れるだけの話なんですけど、
思った以上に癒されてしまいました。
ネコの数が想像以上に多かったので楽しいです。20匹近くいたかな。

なので壁中引っ掻き跡だらけかなぁと思いきや、
インテリアはとてもキレイで驚きました。小粋な猫雑貨も充実。

ただやっぱりネコはネコなので、
テーブルの上にあるドリンクに興味津々になり、
癒される中にもグラスを倒されまいとする緊張感が見え隠れして、
一瞬たりとも気を抜けません。

nekocafe2.jpg

『ねーねーこれ飲んでいいのー?』

どうやら早めに飲み終えてから戯れるのが良さそうです。
気落ちした時にはいいリフレッシュになりそう。

料金は1時間630円〜。

猫の時間

〒530-0041
大阪市北区天神橋4-8-8 第2平川ビル3F
TEL/FAX 06-4801-0224


拡大地図を表示

投稿者 amata 18:32コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月14日 14:03

コインランドリー

AMATAです。

きのうは生まれて初めてコインランドリーに行きました。

洗濯機がズララッと一列に並んでいて、
軽装の人がジャンプなんかを読みながら時間を潰している、
そんなイメージ通りな部分はしっかり押さえつつも、
時代の流れに乗ったハイテクな部分もあり、新鮮でした。

中でも興味深かったのが『電話でお知らせ』サービス。
任意の電話番号を登録すると、
完了5分前に電話(自動メッセージ)がかかってくるというもの。
これはかなり親切。

その登録画面は洗濯の設定ボタンの近くにあり、
設定が終わった後、スムースに番号登録へと流れていく。
ユーザーが迷わない動線計画・簡単操作にも感心。ランドリーあなどれん。

と思った反面、
電話番号は任意で構わないということは、
いたずらにも使われる可能性があるという事。


『あと5分で完了します』


いきなりそんな電話がかかってきたら、
真っ先に僕を疑ってみて下さい。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 14:03コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月12日 23:52

M-1グランプリ 2回戦

AMATAです。

m1m1.jpg

1,000円あれば何が出来ますか?
答えは『100組以上の漫才が観られます。』

きのうはABCホールにてM-1グランプリの予選(2回戦)を観ました。
寝坊して遅れて行ったら入口で、
結果を待たずに次の現場へと向かう麒麟の二人とすれ違いました。
いきなり無念。

数年前にもNGKで一度予選を観た事がありますが、
満席に少し立ち見の人がいるくらいで、
入場できない人がいるほど混んでいるわけでもない。
予選は所詮予選、といった感じ。

でもそういう『気軽さ』が心地良い。
プロアマ混在なので、クオリティ重視の人はやっぱり来ないでしょうし。
純粋に漫才(M-1)が好きな人が集まっている感じ。
僕にとってはつまりサンクチュアリなのです。

ただ残念な事に、
ファンクラブに入っていないと出演者リストがもらえず(なんで?)、
まだ名の知れないプロとアマの違いすら全く分からないまま、
もはやコンビ名すらよく分からないまま、
ただただ純粋に漫才を楽しんでいました。

名も知れないコンビが面白いとやっぱり興奮するし、
一ネタでも面白い瞬間があるとドキドキするし、
反対にスベり倒したコンビをニヤリと観ているのも面白い。
毎回思うのは、『生のリアクションに勝るものなし』。

決勝までにもう一度予選観たい。
アマの『志ん茶』ってコンビが気になりました。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 23:52コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月10日 21:03

秦基博一周年

AMATAです。

hatamoto3.jpg

この間の11月8日で、
基博くんもデビュー1周年なんですね。
たった一年で随分有名になったなぁ。

曲もどんどん良くなるし、本当に将来が楽しみ。
これからも頑張ってね。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 21:03コメント (2)トラックバック(0)

2007年11月09日 16:32

ビール

AMATAです。

beer.gif

ビールと発泡酒と第3のビールの違いが分からない。

定義づけの違いは調べたら済む話ですが、
店頭で購入する際に、あまりに混同してしまう。

以前ブログにも書いたように、
プリン党の僕はスーパーやコンビニでプリンを選ぶ際、
パッケージではなく『原材料名』を見て判断します。

最近は赤福や比内地鶏の一件もあり、
原材料名すら不安になってきましたが、これが一番安心。
自分の仕事を否定している部分もありますが、
実際にそうなので仕方がない。

これと同じ事がビールでも起こるようになりました。

先日生ビールを探していた僕は、
缶に施されたデザインには目もくれず、
まず『生ビール』『発泡酒』『リキュール』などの記載文字を探し、
生ビールである商品を選別する。

それから原材料名を確認して、
麦芽とホップ以外の混入物がないか確認する。

デザインを考慮するのはこれらの情報整理が済んでから。
あ〜面倒くさい。せっかくの祝い酒の気分が徐々に萎えていく。

陳列スペースに明確な仕切りがない事と、
どのパッケージもあまりに酷似しすぎている。
『曖昧さ』を利用した戦略が、あまりに日本的に感じてしまう。

『あったか〜い』ペットボトルは、キャップがオレンジで統一されている。
触れる前に『あったか〜い』事が分かっているので、
火傷とは言わないまでも、思いがけず触れてビックリする心配もない。
とても親切なデザインである。

これと同じように、
瞬時に種類を判断できる何らかのアイコンが欲しい、
と思っているのはきっと僕だけではないはずだ。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 16:32コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月08日 11:19

糸賀一雄記念賞 第六回音楽祭

AMATAです。

itoga.jpg

今月18日(日)に滋賀県栗東芸術文化会館さきらで行われる、
糸賀一雄記念賞 第六回音楽祭』の販促ツール全般を担当させていただきました。
細かいツールまで担当させていただき、デザイナー冥利に尽きる仕事でした。

前回のものからデザインも一新しましたので、
あとは反響が出るのを祈るばかり…

タイミングを同じくして、
先日の立命館のプレゼンが無事採用された連絡を受けました。

そういえば独立してからコンペに勝ったのは初めてです。
自信があっただけに喜びもひとしお。

笑い飯が優勝するまであと2ヶ月、
僕も何かに優勝する気持ちで、気を引き締めていきます。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 11:19コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月07日 21:14

同窓会

AMATAです。

dousou.jpg

先々週の土曜は15年ぶりの仲間に会いに故郷・横浜に向かいました。
楽しみにしていた中学校の同窓会です。

この同窓会、
すでに一度この夏に行われているのですが、
あいにく僕は仕事で参加できず、とても残念な思いをしました。

さらにその時の模様が後日DVDで送られ、
楽しそうなみんなの姿を独りモニタで見てしまうと、


『やっぱり無理してでも行けば良かったなぁ…』


と、やり切れなくなっていました。


そんな時、
まさかの同窓会ブーム到来で、今年2度目の開催が決定。
もちろん僕はそれを左へ受け流さず、バッチリと受け止めました。

〜〜〜

残念ながら参加人数は前回の約半分と少なかったようですが、
同学年の中から選りすぐりの30人が集まりました。

実は、同窓会は生まれて初めてでした。
やっぱり話題は尽きずに延々語り尽くすのかな〜と思いきや、
皆が集まった時に抱いた印象は、


『あ、出オチだ。』


15年ぶりに再会を果たして色々話そうという発想はなく、
大人になった友達を一目見ただけで、もうお腹いっぱいでした。


『アンタ、ホンマに大っきなったねぇ。』


と、中川家・礼二がやりそうなオバサンキャラになり、
大人になった皆を見て感極まってしまいました。


あえて会話をせずに帰っても、
それはそれで『粋』か?とも本気で思いました。

…とはいえ実際は、
台風20号と共に3時間かけてはるばる故郷・青葉台に向かったので、
そんな勿体ないことはしてたまるかとばかりに、
レペゼン関西として恥じないトークを炸裂させていました。

自分でも何故その発想になったのかは分かりませんが、
とにかく『離れてるけどこんな人いるよ。』という爪痕を残したかったのです。

その際、
途中ディランのモノマネを披露した所、約半数が、


『あ!それ何ていうキャラだっけ?』


という、
関西では信じられない、非常に“ざんない”結果に終わり、
僕が再び関東に住むであろう可能性を一気に下げる事となりました。
さらば、横浜。さらば、青葉台。

でも同窓会は最高です。
ただならぬエネルギーを皆からもらって帰ってきました。

これも素晴らしい幹事達が頑張ってくれたお陰です。
この場を借りて『ありがとう』。

そしてまた呼んで下さい。
今度はハリケーンと共に向かいます。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 21:14コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月05日 21:25

笑い飯よ今年こそ

AMATAです。

meshi.jpg

日曜にやっていたNGK20周年の漫才を見ていて、
笑い飯の新ネタ『ひったくりネタ』に出くわす。

・エアロスミスネタ
・ひったくりネタ

この2本があれば今年こそM-1優勝できそうな予感。
今年は独特のいい『間』が帰ってきたし。

あー2ヶ月後が楽しみだー。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 21:25コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月03日 23:59

北海道(3)〜旭山動物園〜

AMATAです。

続きが1ヶ月後になってしまいました。
楽しみにして下さっていたごく少数のファンの方、申し訳ございません。
気を取り直して、北海道編を再開します。

〜〜〜〜

物心が付いてすぐの頃、
たった1度だけ動物園に行ったことがあります。
当時は福岡に住んでいたのでおそらく福岡の動物園だったと思いますが、
ほとんど記憶が残っていません。

そして20数年の時を経て、人生で2度目の動物園に行きました。
皆さんもご存知『旭山動物園』。

asahi_01.jpg

札幌〜旭川間を繋ぐ『旭山動物園号』。
乗ってはいませんが偶然見ることが出来ました。絵本作家のあべ弘士さん作。
これ乗ったら子供はテンション上がらずにはいられないだろうなぁ。

asahi_01.jpg

こういうのって中は意外と普通だったりするのですが、
一筋縄ではいかないのがこの旭山動物園号。
専用シート『ハグハグチェア』。これはズルい!子供達のバトルロイヤル必見!

asahi_01.jpg

入場して最初に見たのが、このサル山。
勝手な意見かも知れませんが、サルも何となく楽しそうでした。

日本の動物園は、
不潔な狭い空間に閉じこめるイメージがあったので、
いきなり嬉しい不意打ちを食らいました。

asahi_01.jpg

『さっさと撮影しちゃいなさいよ。』どうやら辟易している様子ですが、
この子を撮っている人は殆ど見かけませんでした。

asahi_01.jpg

園内中にあるこの手描き順路プレート。これには本当に参りました。
『プレートはこうでなければいけない』という既成概念を一気に壊されました。
他にも手書きの文字が看板になっていたりと、
親近感を生む仕掛けがたくさんありました。職業的に動物より面白かったかも…

asahi_01.jpg

カピバラ。
あんまり情報はないけど、見てるだけで癒されました。ナイス間抜け面。

asahi_01.jpg

クラゲ。水族館でもへばりついて見てしまうクラゲ。
僕にとってはキャンドルの炎を見てる感じと同じで、ついつい見てしまう。

asahi_01.jpg

お馴染みレッサーパンダ。
でもこの子は立ちません。でもカワイイのでなんでもOK。

asahi_01.jpg

えーと、誰かです。
ブログに載せる旨を伝えても、大人しくしてくれませんでした。
たぶん『恥ずかし我リヤ』です。

asahi_01.jpg

ど真ん中で寝てる子より右に注目して欲しい『ほっきょくぐま』。
近くで見るとやっぱりクマなので威圧感ありますが、
遠くからだと、落ちたイヤリングをスタコラサッサと届けてくれそうな愛らしさが。

asahi_01.jpg

『お〜し、今日もやるでー。』

『へーい、親分』。

asahi_01.jpg

『コンタクトまだ見つからんかー?』

asahi_01.jpg

海洋堂のフィギア。園内にあるガチャポン(300円)で購入。
海洋堂の水の表現はいつみても芸術的。躍動感もたっぷり。

〜〜〜〜

というわけでかなり楽しかったです。
全部回りきれなかったのでまた行きたいです。

もう少しだけ続く。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 23:59コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月02日 20:43

検索すると

AMATAです。

僕の名前『安藤克也』で検索すると、
日本美術家連盟会員に所属している日本画家の方が出てきます。
もちろん縁もゆかりもない、他人です。

ただ、
自分でいうのものなんですが、やってそうなんです。日本画家。
昔から美術関係の事好きなので。

いつか旧友が僕の名前で検索してくれた時に、

『安藤克也 作品詳細』

なんてタイトルが出てきたら、
確実にクリックしてくれるだろうなぁ。

同姓同名であるだけでなく、
パーソナリティまで近いと、ちょっと困りものです。

日本画家の安藤さんも、
逆の事が起こってるのかもしれませんが。

『あ、あの安藤さんがまさかのデザイナー転身!?』

ってな具合に。
ご迷惑おかけしていたら、すいません。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 20:43コメント (0)トラックバック(0)

2007年11月01日 21:39

Wマック

AMATAです。

macmac.jpg

今週限定ですが、僕のデスクトップにはモニタが2台。
ツインモニタではありません。2台のマシンを同時に使っています。
なんだかブラック・ジャックのようです。

それにしても、
モニタにメンチ切られているようで怖い。
実際に圧迫感もあるし。

2つのキーボードの感触が微妙に違うのがストレス。
使い慣れたキーボードはやっぱり違いますね。

お、これ欲しい。
転送速度とバッテリーの問題が早くクリアされないかな。

滋賀県のホームページ制作/AMATA

投稿者 amata 21:39コメント (0)トラックバック(0)