AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2009年01月31日 12:26

AMATAです。

今年引いたおみくじには、

『頑張ってりゃ誰か助けてくれるって!』

と書かれており、
そんなもんかなぁと半信半疑、いやむしろ1信9疑くらいでしたが、
本当に誰かが助けてくれるもんだから、
世の中本当にオモロー!です。

これからも誰かに助けてもらえるように、
頑張り続けないと。

明日から2月。誕生月です。
3年半のAMATAの歴史の中で最大の難関が訪れます。
どうか見守ってあげて下さい。

投稿者 amata 12:26コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月30日 17:16

名刺→名刺→名刺→名刺

AMATAです。

いつも通っている加圧トレーニングの、
院長の名刺を担当させていただきました。

最近は、
『ひと遊び』ある名刺を心がけています。
渡した時にその遊びによって会話が発生したら成功です。
個人的には『エア名刺』とかやってみたい。

どう遊べるかはお客様によって十人十色。
そのアイデアを考えるのは毎回とてもオモローな事です。

このあとも立て続けに名刺の依頼があります。
グラフィックの仕事も徐々に増えてきて嬉しいです。

投稿者 amata 17:16コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月29日 16:53

ナポリちゃん

AMATAです。

デザインの仕事でビジュアルのテイストを決めていく方法は、
おそらくデザイナーによって異なります。

最近僕がよく使うのは、
この手法。


『こういうのじゃないですよね?』


大抵のお客様は、
明確なイメージを持っていません。
頭の中にぼんやりと持っている程度の方がほとんどです。

普通なら、
その『ぼんやり』をクリアにするべく、


『こんな感じですか?』
『それともこんな感じですか?』


と確認していく所ですが、
これだと思いのほか遠回りになる事が少なくありません。

むしろ『これは全然違う』という事をひとつひとつ潰していく事で、
イメージを絞り込んでいく事ができ、
結果としてこの方が早くゴールにたどり着く事が出来ます。

と、
ここまでは業界の話ですが、
この手法は日常にも活用できます。

例えば、
誰かと外でご飯を食べることになった時に、

『何食べようか?』

と相手に聞いても、
ハッキリした答えが返ってこない時、ありますよね。
そもそも自分でも何が食べたいかが分からない。

その状態で適当なお店に行っても、

『う〜ん、ここは違うな〜。』

なんて事になり、
延々とお店探しをする羽目になります。

だからと言って、
しつこく相手の要望だけ聞き出そうとしようものなら、
相手も答えが分からないので困惑し、
聞いてる方も一向に答えが出ないのでテンションが下がり、
もう食事自体どうでもよくなる事だってあります。

そんな時は、
まず何が食べたくないのかを明確にしてみると、
意外に食べたいものが見えてきます。

僕は今ひたすらナポリタンが食べたいです。
ナポリちゃんの作るナポリタンが。

投稿者 amata 16:53コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月28日 23:21

おめでとう。

AMATAです。

今日は、
面接やら打ち合わせやらで5〜6時間喋りっぱなしで、
さすがにヘビーな一日でした。

でもそんな時、
この男がめでたくパパになった連絡を受け、
やたらと嬉しい一日でもありました。

おめでとう、この男

投稿者 amata 23:21コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月26日 18:43

当選番号

AMATAです。

子供の頃、
父親宛に届く年賀状の数がハンパなくて、
当時はそれが羨ましくて仕方ありませんでした。

そして今、
歳を重ねたことや独立したことで年賀状の数は着実に増え、
少しずつ父のレベルへと近づきつつあります。

しかし、
お年玉クジは何故か一向に当たりません。
増えれば増えるほど当たりません。
今年はこの男からのハガキだけの当選です。
もちろん、おなじみ切手シート。

僕が出したものが、
どなたか当選してくれることを祈ります。

当選番号はこちらでチェック。

投稿者 amata 18:43コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月24日 15:21

なごみStyleオープン

AMATAです。

開業ツール一式を担当させていただいた、
『なごみStyle』が京都・河原町三条にOPENしました。

写真のお花(奥)は、
以前ご依頼いただいた『eclat(エクラ)』宮口さんの作品。

テーブルに設置のメニュー。
情報量の多さは、ゆるめのテイストで軽く見せます。

店頭メニュー。
設置場所にはまだ改善の余地がありそうです。
クライアントに相談するべし。

時間帯ごとのオススメメニュー。

これから、
予測できなかったトラブルや日々生まれる改善の要望を加味しながら、
フレキシブルにデザインを変えていくステップへと移行します。

ひとつひとつの問題を着実にクリアすれば、
必ず良い方向に向かっていくはず。

デザインが出来ることは、まだまだあります。

投稿者 amata 15:21コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月23日 16:39

栄喜知(えいきち)2周年のDM

AMATAです。

グラフィックの仕事を担当させていただいている、
『栄喜知(えいきち)』の2周年DMが完成しました。
もう2年、あっという間ですね。

DMの内容は、
期間中(2月7〜9日)の生ビールが300円になるというものですが、
個人経営でこういったサービスをされるのは、
周りが思っている以上に勇気の要ることだと思います。

生ビールなんて、
どこで飲んでも大体一杯5〜800万円くらいしますよね。
それがなんと赤字覚悟の一杯300円!

近辺にお住まいの方は、
是非この機会をお見逃し無く。

昨日も納品を口実に食事してきました。
いつ行っても必ず美味しくて楽しいお店です。

■栄喜知(えいきち)

〒600-8427
京都市下京区烏丸通松原西入ル一筋目下ル玉津島町307番地1F
Tel/075-361-4710
営業時間/18:00〜1:00
定休日/水曜日

栄喜知ブログ
これ見てしまうと、食べに行きたくなりますよ。

投稿者 amata 16:39コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月22日 18:52

北の大地から

AMATAです。

以前の『AMATAの年賀状そこそこ欲しい!』で、
ご連絡いただいた方から年賀状のお礼にと、
お手紙と雑貨をいただきました。

雑貨の方は無印良品の万華鏡です。
普通の万華鏡ではなく、
覗いて見える対象物が万華鏡のように見えるというシロモノ。
例えばプリンを見たら『プリン華鏡』になります。
こんなのあるんですね。

僕はどちらかというと、
メールだけのコミュニケーションは好きではありません。
顔が見えなくてはどこか現実味に欠けますし、
絶対的に顔の見えるコミュニケーションに勝ち得ないからです。

それでも、
こうして心温まる事をしていただけると、
それも悪くないかなと思う気持ちがあります。

素直に嬉しいです。
北の大地から本当にありがとうございました。

投稿者 amata 18:52コメント (2)トラックバック(0)

2009年01月21日 17:45

しゃべれどもしゃべれども

AMATAです。

複数の打ち合わせやら相談やらで、
今週は人と話す機会がやたらと多いです。つまり楽しい週です。

発想を柔軟にするには、
出来るだけたくさんの人の話を聞き、
自分の考えだけが全てじゃないんだと体で覚える。
これに尽きます。

それと自分の思うことをぜーんぶ出し切ること。
特にこの『ぜーんぶ』が大事。
キレイサッパリすべてを出し切れた時には、
また新しい考えの芽がニョキニョキ伸びてきます。

さて、
今週は納品ものが多い週です。
またブログ上で少しずつ紹介できればと思います。

投稿者 amata 17:45コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月19日 17:42

理由

AMATAです。

デザインの仕事では、
様々な『理由』を求められます。

名刺ひとつ創る時でも、

・なぜ、このアイデアか
・なぜ、このレイアウトか
・なぜ、このバランスか
・なぜ、このカタチか
・なぜ、このサイズか
・なぜ、このフォントか
・なぜ、この色か
・なぜ、この紙か

などなど挙げ出すとキリはありませんが、
とにかくわんさか出てきます。

思考が整理されていると、
この『なぜ』に対してひとつひとつ明確な答えが出せるようになり、
結果として完成したものがクリアになります。

クリアになるという事は、
相手にも伝わりやすくなると言うことです。
つまりとても重要なこと。

最近、
その『思考の整理』が少しレベルアップしたように感じます。
結果としてビジュアルに至るまでの時間が今までより早くなりました。

あーでもないこーでもない、と、
いささか先生がポイポイ投げている原稿用紙が、
少なくなるのと同じです。

人の成長が見て取れるのも嬉しいことですが、
自分の成長を感じられるのも楽しいです。

投稿者 amata 17:42コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月17日 11:09

アラカルト

AMATAです。


福田繁雄氏がご逝去されました。
錯視を巧妙に用いた彼の仕事は、きっと誰もが一度は目にしたはず。
田中一光氏に続き、また一人貴重なグラフィックデザイナーを失いました。
ご冥福をお祈りします。


今年も『秦基博 ブログ』の検索でここに辿り着き、
そのままブログをチェックして下さっている方がいらっしゃいます。
あまりに多いので原因は何だろうと再考した結果、
僕と基博に何らかの共通点があるんじゃないかという結論に。

基博の歌だけでなく、彼のパーソナリティが好きな人も多いはず。
そこに共通点があれば、この現象にも納得がいきます。
今の所は顔の系統が似ていることと、2人ともお笑いが好きであること。
とりあえず、顔は関係なさそうだ。


お客様であるchum-chum closetが本日より『More SALE』をスタート。
お世辞抜きで本当に魅力的なお店です。
今年も何か面白い企画をやってくれること間違い無しです。


伸びに伸びた髪を切ってもらい、
栄喜知に納品に行き、来週OPENのカフェの現場を見に行き、
年末に撮った写真の整理を行い、母の誕生日プレゼントを探す。
明日はそんな日にしたいのですが、
結局なんだかんだでダラダラしてしまいそうです。


この間『あらびき団』で観た『キュートン』が忘れられません。
最近チラホラとその存在を耳にしている『椿鬼奴(つばきおにやっこ)』。
LIVEで観たら腹抱えて笑いそうな予感がタップリです。

投稿者 amata 11:09コメント (2)トラックバック(0)

2009年01月16日 14:35

プリンジャムスイート

AMATAです。

このブログには、
『プリン』というカテゴリーを用意しています。

エントリーこそ大して多くはありませんが、
僕が大のプリン愛好家であるために作っています。

ただ、
誤解のないようにお伝えしておきますが、
プリンが好きと言っても、
『プリンアイス』や『プリンチョコ』などの、
プリン味のお菓子は好きではありません。
あとプリン体も嫌いです。

それからチャップリンやプリンセス・プリンセ…(以下省略)

そういうメーカーには、
プリンの本質をもう一度見つめ直して欲しいです。
僕にとってはあの官能的な食感こそが重要なのですから。

などと偉そうな事を言いましたが、
この間創作自然瓶詰食品セルフィユにてついつい購入したのが、
この『プリンジャムスイート』。

『これはプリンではありません。ジャムです。』

なんだか中学一年生の英会話みたいになってしまいましたが、
とにかくこれはジャムなんです。

ビジュアルから味が想像できなかったので、
気になって衝動買いしました。

麦茶だと思って飲んだら『めんつゆ』だった時のように、
口の中を驚かせてくれるのか楽しみです。

体力とゆとりが残っていれば後日レポートします。

投稿者 amata 14:35コメント (2)トラックバック(0)

2009年01月15日 16:28

音楽の旅

AMATAです。

仕事も大分煮詰まってきたので、
気分転換に澤野工房ジャズのCDを購入しました。

三ノ宮にある『ミント神戸』のタワレコには、
澤野工房専用の視聴スペースがあります。素晴らしい事にソファ付き。
あとは電車で1時間半という距離だけがネック…

学生時代は通学の往復でしか音楽を聴きませんでしたが、
今では仕事場や電車の中、そして車の中など、
一日の大半は音楽に包まれた空間の中で過ごしています。

特に一番過ごす時間の長い仕事場では、
耳障りの良いJAZZや基博がヘビーローテーションです。

そんな日が来るのか分かりませんが、
いつか自分の好きな音楽を探す時間が欲しい。

もちろんこれまでのように、
生活の中で耳にする中で探したり、
CD SHOPで視聴を繰り返すアプローチも悪くはありませんが、
まだ聴いた事のない音楽は限りなくあります。

氷山の一角だけで楽しむのではなく、
もっと広く音楽を知った上で、
その場その場にフィットした素晴らしい音楽を聴いていたい。

投稿者 amata 16:28コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月14日 22:13

母校

AMATAです。

今月下旬にオープンするカフェの仕事の追い込みで、
年明けからバタバタの日々が続きます。

そんな状態なので、
年末に横浜に帰っていた事がまるで嘘のように思えるのですが、
ちゃんと写真を撮っていたので嘘ではないようです。

写真は通っていた中学校です。
校長先生、勝手に忍び込んでどうもスイマセン。

冬休みの時期で人気(ひとけ)もなく、
唯一見かけたのは、卒業生であろう10代のカップルただ一組でした。
校舎裏の階段で露骨にイチャイチャしていました。

大口径レンズを装備した一眼レフを持っていたので、
僕に見つかるやいなや、
密会をスクープされては事務所的にちょっと…という焦りが丸分かりで、
かつ邪魔者はさっさと消え失せて欲しそうでした。
名も知らないカップルよ、勝手に忍び込んでどうもスイマセン。

このバスケットゴールは、
きっと僕が使っていた15年前のものと同じものです。

消耗品であるためバックボードこそ新しかったですが、
基本部分には当時の面影が残っていました。
変わらないものがそこにあると、どこかホッとします。

母校それ自体が残っている事も、
なんとも有り難いです。

投稿者 amata 22:13コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月10日 18:32

パイセン

AMATAです。

仕事を通じて新たに接点が生まれ、
再び接することになった人って、案外多いですよね。

この間、
高校バスケ部のパイセンと久しぶりに会いました。

高校を卒業してからは、
ほとんど会う機会がありませんでしたが、
偶然にも同じ仕事をしているので、
こうして再び会う機会が生まれたのです。
なんて素敵な事だろう。

そのパイセンが、
この度勤めていた会社を辞め、独立するとのこと。

聞けば、
相当な殺人的スケジュールと環境で勤務されていたようで、
冗談抜きで死んでもおかしくない状態でした。

そんな厳しい下積みを経ているので、
独立したての今は楽しくて仕方がない様子。
その気持ち、よく分かります。

ビール片手に、

『楽しいわ〜、楽しいわ〜。』

を連呼しているパイセンを見ていると、
隣にいる僕もつられて気分が良くなります。

投稿者 amata 18:32コメント (0)トラックバック(0)

2009年01月09日 17:56

悩みの種

AMATAです。

3月に知人の結婚式があります。

デジタル一眼+レンズ+ストロボを購入した事で、
プロに劣らない環境を手にしました。

しかしながら、
今回僕はカメラマンとして撮影を頼まれているワケでもなく、
単なる友人としての立場にあります。

調子に乗ってガッツリ撮影しようものなら、
現場の契約カメラマンからすると、
相当『ウザイ』存在になることは間違いありません。

そういえば、
以前仕事場をシェアいていたブライダルのカメラマン、
Sweettypeの中村さんも、

『最近その手の人が急増していて、プロとしてプレッシャーだ。』

と言っていました。
その気持ちも共感できます。

とはいえ今さらLUMIXにも戻れず、
それならばいっそのことカメラを持たないのも、
身軽かつ気軽で良いかと思うのです。

以前、
ホテルのレストランのシェフと話していた時も、
最近はブログに載せるためか、
料理の写真を撮る人がかなり増えているようです(僕もその一人ですが…)。

ケータイやコンパクトカメラなら可愛げもありますが、
取材ばりに一眼レフ+ストロボで撮影する人も時々いるらしいです。

料理人としても、
ネットに公開される可能性がある以上、
少しのミスも許されず、
嫌な緊張感があるとも付け加えていました。

難しい話です。

※昨日載せた写真の中にはネコが写っているのですが、
 気付かれなさそうなので一言添えておきます。

投稿者 amata 17:56コメント (1)トラックバック(0)

2009年01月08日 19:13

共演

AMATAです。

この間のドリームマッチで、
人志松本とウッチャンのコントを観たおかげで、
テンションが上がっています。

あれから20年も経ったかと思うと怖いですが、
松っちゃんもウッチャンも何ひとつ変わっていませんでした。

あえて過去の風合いを残していたのか、
本当に『夢で逢えたら』のワンシーンを観ていたかのよう。
もっともっと、観たかった。

二人のナレーションは震える程に懐かしく、そして心地良い。
また何か企画して欲しいと心から思います。

そういえば昔のコントって、
結構ナレーション多かったですね。

投稿者 amata 19:13コメント (2)トラックバック(0)

2009年01月07日 20:27

明けましておめでとうございます

AMATAです。

今年は遅すぎる年賀状となってしまいました。

アイデアを練りに練り、
印刷にもこだわってはるばる岐阜に足を運んだり、
色々手間を掛けたにも関わらず、
投函したのが年明けという体たらくぶり。

猛省しましたので、
同じ事は二度と繰り返しません。
本当にすいませんでした。

デザインに関しましては、
溢れんばかりの素敵なデザインが今や誰でも簡単に手に入りますので、
同じ土俵でしのぎを削っても仕方ないなと。
そんな理由で印刷方法にこだわりました。

ちなみにハガキ右下には、
AMATAロゴが隠されています。

〜〜〜

毎年言っていますが、
年賀状を作るのは大好きです。

しかしながら、
これだけブログを書き続けていると、
年賀状としての効果は少々薄れてしまっているのも確かです。

年賀状を送った七割以上の方々は、
僕が元気な事は十二分に伝わっていると確信しています。
そんな訳で今一度、
年賀状の在り方を考えたいと思います。
何かがしっくりこない…

さて、
このブログの方ですが、
今年も頑張って毎日更新したいと思います。

仕事がタイトになると、
正直言って書いていられない時もありますが、
このブログを読んで、

・お笑いに興味のない人がM-1を観た
・デジタル一眼レフを購入した
・プリンを買った
・僕が紹介した素敵なお店に行ってくれた
・『しょうゆうこと』の醤油瓶を買った

なんて方を大勢見てきました。
今年もそれが見たいので、引き続き継続します。

本年もどうぞよろしくお願いします。

↓おまけの制作風景。安直すぎてボツでした。

投稿者 amata 20:27コメント (2)トラックバック(0)