AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2009年02月28日 15:20

お酒のイメージ

AMATAです。

sakechuu.jpg

焼酎を飲んだらヒヤッとした感じになるんです。
だから好んで飲むことはありません。
ビールを数杯→日本酒or梅酒がいつものパターン。

それを敢えて色で説明するなら『寒色系』になるんですけど、
今ひとつ共感してもらえずガッカリします。
概ね50%の確率で『言ってる意味が分かんない。』と返ってきます。

反対に、日本酒は暖かいんです。
たとえ燗でなくても暖かい。つまり温度の問題ではないんです。

だから『暖色系』と説明するんですけど…(以下省略)

共有できる方がいると嬉しいです。

投稿者 amata 15:20コメント (4)トラックバック(0)

2009年02月27日 20:04

ハイキー

AMATAです。


写真におけるハイキー表現とは、
ハイライト部が画面の大半を占め、
かつ中間程度までの調子で構成された
明るい雰囲気のカットのことを指します。

ただ、
ハイライト部のディティールがしっかりと残っていることが重要とされ、
そこが単なる露出オーバーの写真とは異なる点です。
(デジタル一眼レフの疑問200より)

というワケでそんな写真を撮ってみましたが、
シャドウ部分もそこそこあるので、
これはハイキーな表現ではないようです。
明るい雰囲気でもなく、どちらかと言えばモノトーンか。

〜〜〜

しばらく止まっていましたが、
合間を縫って再びカメラの勉強中です。

どこかゆっくり撮影に行きたいと思う今日この頃。
その日を楽しみに今を駆け抜けます。

投稿者 amata 20:04コメント (2)トラックバック(0)

2009年02月26日 18:02

栄喜知(えいきち)/おくりびと

AMATAです。

3月から東京で勤務する『イケさん』の送別会で京都へ。
意味合いは少々異なりますが『おくりびと』になってきました。

ひとりまたひとりと、
友達がどんどん関西から離れていきます。

専門学校時代の友達に電話したら、
知らない間に千葉県に引っ越しているし、
つい2週間前には、
大学時代の友人が異動でオランダへと旅立ちました。

まだ寒いのに、
別れの季節が始まっています。

しばしの別れを惜しむべく、
ふたり『栄喜知』にて京都の料理を堪能。

あまりの悲しさからか、
最後に食べた『黒ムツの山かけ丼』が手ブレしてしまいました。
美味しさを伝えきれず無念です。

■栄喜知(えいきち)

〒600-8427
京都市下京区烏丸通松原西入ル一筋目下ル玉津島町307番地1F
Tel/075-361-4710
営業時間/18:00〜1:00
定休日/水曜日

投稿者 amata 18:02コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月25日 17:19

面倒だけど、続いている。

AMATAです。

『ブログって、しばらく休むと書くのが面倒になって…』

知人がこんな事を言っていました。
僕も以前休んだ経験があるので、痛いほど共感できます。
書かないなら書かないで、楽ですから。

さらに、
たとえ休んでいない時でも、
仕事が忙しい時は貴重な時間をブログに充ててよいものか、
自問自答しながら書くこともあります。
残念な事にその日のブログは決まって“つまらない”。
迷いがあると何でもうまく行きません。

こうして綴っていると、
ブログを書くことは、義務感がゼロとは言えなさそうです。

それでも僕が続けるのは、
楽しみに待っていて下さる読者が少なからずいることと、
他に『面倒だけど続いている事』がないからです。

面倒だけど、続いている。

三日坊主な僕にとって、
そんな事がひとつでもあるというのは、
奇跡はおろか『メイク・レジェンド』なのです。
やめるなんて勿体ない。

それに、
万が一ブログをやめてしまうと、
徐々に写真も撮らなくなる可能性も出てきます。
iPodに対するiTunesのように、
いつの間にか写真を管理する場としても、
ブログは存在していますので。

保存用に録画した番組のCMカットも、
最近は面倒で殆どやっていません。

続けていることがある事は、きっと良い事です。

投稿者 amata 17:19コメント (2)トラックバック(0)

2009年02月23日 22:22

いかに機能的で美しいか

AMATAです。

最近コメントの返事ができず、申し訳ないです。
心の中ではちゃんと返事していますので、どうぞご理解のほど。

さて、ここ数日の間に、
年末に購入した新しいワークデスクの上が、
少しずつ騒がしくなっています。

仕事の資料が増えているのもそうですが、
雑貨類が増えたのが一番の理由。

今までは『いかに物を置かないか』がテーマでしたが、
今は『いかに機能的で美しいか』に重きを置いています。

いつも心に贅沢を。
人生に雑貨は欠かせんです。

『欠かせない』つながりで、
『AつMATA』に欠かせないレギュラーメンバーの『イケさん』が
来月から東京に引っ越すことになりました。
残念ったらありゃあしないです。

次回のAつMATAは、
交通費3万に恥じない企画を考えたいと思います。

投稿者 amata 22:22コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月21日 15:35

バリアフリー映画祭

AMATAです。

滋賀県社会福祉事業団様からのご依頼で、
バリアフリー映画祭』の告知ツールを担当させていただきました。
写真は1400mm×2000mmのタペストリー。
タペストリーの他にも、
看板やパンフレットを担当させていただきました。

本日開催につき、さっそく現場へ訪問。
いつも可能な限り現場へは訪れるようにしています。
これを繰り返すことで、
デザインの質を高める事が出来るからです。

滋賀県在住でお時間のある方は、
是非『ユナイテッド・シネマ大津』へ足を運んでください。

投稿者 amata 15:35コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月20日 14:50

オーソドックス大阪満喫ツアー

AMATAです。

この間の日曜日、
横浜時代の友人が遊びに来てくれました。

オーソドックスな大阪満喫ツアーを決行すべく、
京橋花月で漫才を観たあとは、
道頓堀で『千房』のお好み焼きを喰らい、
2度づけ禁止の『だるま』にて串カツをむさぼる。
当然、飲んだくれる。

横浜の友人が大阪にいると、
下手な合成写真を見ているような違和感があります。
当時はまさか自分が関西に住むとは夢にも思わなかったですし、
ましてや友人に道頓堀を案内する日が来るなんて。

その気持ち悪さがあまりに心地よかったので、
今度は『何人か友人を連れて大阪にいらっしゃ〜い!』企画を発案。
実現なるか。なったらかなり楽しいはず。

帰りはAMATAにまで立ち寄ってくれて、
これまた不思議な感覚でした。

〜〜〜

大事なことを書き忘れていました。
その日の花月出演者です。

●つばさ・きよし
●おしどり
●チャンバラJr
●シンクタンク
●後藤秀樹
●フットボールアワー
●おかけんた・ゆうた
●桂文珍

この前のR-1じゃないですけど、
それぞれバラエティに富んだネタで楽しめました。
天気の良い日曜の昼に漫才観るっていいですよ。

※今回の写真は以前使っていたLUMIX。
 ノイズが気になりますが、まだ使い所はありそうです。

投稿者 amata 14:50コメント (4)トラックバック(0)

2009年02月19日 21:56

R-1ぐらんぷり2009は楽しかったな

AMATAです。

というわけでR-1ぐらんぷり2009は、
見事『中山功太』が優勝を飾りました。本当によかった。
ずっと応援してきたので、
優勝が決まった時には少し涙が浮かびました。

ピン芸は漫才に比べて単調になりやすく、
盛り上がる“見せ場”作りが相当難しいと感じるのですが、
その中でもうまく魅せたなぁ、と。

いやぁ〜本当に嬉しい。

それにしても、
中山功太に限らず、
今年は全体的にレベルが高かったです。
芸風がかぶることもなく、
どのファイナリストもそれぞれ個性的で面白く、
誰一人欠けることなくアホでした。

大会終了後、
バカリズムが真の優勝者ではという声も出ていますが、
これにはM-1GP2003の笑い飯を思い出さずにはいられず、
僕もただただ無念としか言えません。

確かに今大会一番の爆笑をさらったのは、
北海道を持った彼である事は間違いありませんが、
中山功太の優勝が間違っているかというと、
そんな事は決してありません。

自分が良かったと思う芸人を押すのは当然ですが、
だからといってそれ以外の芸を否定するのは、
やっぱりちょっと違うんじゃないかなと思います。

ちゃんと、認めないと。

今年度はM-1も含めて賞レースのクオリティが高く、
僕としては嬉しい限りの年でした。

↓以下、気になったこと。

今大会で初めて知った『サイクロンZ』。
「ミュージック・スタート!」の腕と体の曲がり具合が超面白いです。
ダンスうまいのに肌白くてやや太り気味なのもイイ感じです。

惜しくも優勝を逃した『エハラマサヒロ』。
最初はどうしてあれだけ高得点なのか理解できませんでしたが、
何度も見るとその凄さが分かりました。
そして、基博の兄と顔が若干かぶり気味です。

最後に雨上がりの蛍ちゃん。
点数の読み上げもうちょっとだけ早くして欲しいです。
それもR-1の良さか。

投稿者 amata 21:56コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月18日 23:49

なんとかなるさ

AMATAです。

ここ最近は楽しいことが色々あって、
いいネタはたくさん仕込んでいるのですが、
如何せん文字にする時間が反比例して少ない今日この頃です。
そして嬉しいことに仕事が日に日に増えています。

『なんとかなるさ。』

この素晴らしすぎる言葉を胸に、
ひとつひとつ目の前の仕事に向き合っています。

山は決して低くはありませんが、
その高さにさじを投げるでもなく、
一流になるための正念場だと思って飄々と楽しんでいます。

そんな中、
昨日のR-1はとてもエキサイティングでした。
詳しくは明日(以降に)話します。

功太ー!

投稿者 amata 23:49コメント (2)トラックバック(0)

2009年02月16日 17:31

R-1の敗者復活戦について

AMATAです。

昨日行われたR-1ぐらんぷりの敗者復活戦については、
大いに不満ありです。

なぜ、一般客が審査員なのか。

大会を通して、
予選から決勝までの審査員がすべて素人であれば、
そういう大会なのだと納得も行くものの、
今回の敗者復活戦のみプロの審査員ではなく素人というのは、
どうにも一貫性に欠ける気がします。

本戦へのモチベーションを上げるための『敗者復活』という企画で、
逆に盛り下がっては本末転倒もいい所です。
みごと本戦出場を決めた2人に納得がいかないのではなく、
意気込んで勝負した全ての芸人が残念でなりません。

『とにかく面白かった芸人に票を入れる。』

この審査基準自体は潔くて共感できますが、
アクシデントで起こった笑いにまで『とにかく』が含まれてしまうと、
一体何を競うコンテストなのかが分かりません。

コンテストって難しいですね。
ちなみに僕は『友近』『鈴木つかさ』『なおゆき』
そして『ヤナギブソン』が気になりました。

投稿者 amata 17:31コメント (6)トラックバック(0)

2009年02月14日 21:07

31

AMATAです。

31歳になりました。
お祝いのメッセージもたくさんいただき、嬉しい限りです。
皆さん本当にありがとうございました。
十人十色のデコメールには楽しませていただきました。
もちろんシンプルなメールや電話を下さった方々にも感謝です。

僕の中では、
何かと面倒だった『30歳』が終わり、
内心ホッとしています。

今年は念願の『素数芸人』なので、
『割り切れない男』できれば『ワルキューレの男』まで目指します。

そんなわけで31歳も変わらずマイペースです。
どうぞよろしくお願いします。

投稿者 amata 21:07コメント (6)トラックバック(0)

2009年02月13日 23:26

波長

AMATAです。

小浜での打ち合わせは一日がかりになりましたが、
その苦労が報われるほどの素敵な出会いがありました。

ここ最近、
僕の波長に近い方との出会いが多くて嬉しいです。
独立して良かったなぁとしみじみ思います。

そして余談ですが、
今日は曇り→雨な天気でした。
そういえばこの間イカ釣りに若狭に行った時も雨でした。
今年も雨男は健在です。

投稿者 amata 23:26コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月12日 18:41

オバマ

AMATAです。

ホームページから問い合わせをいただき、
明日は小浜へ出張です。

何がどうなって、
福井県の会社の方がAMATAを見つけてくださったのか、
そして問い合わせを下さったのか、
謎は深まるばかりですが、
とりあえず久しぶりの出張なので楽しみです。

そして、
4月からAMATAが新体制でスタートします。
不安もいっぱいありますが、
それを越えてなんだかワクワクしてきました。
負けずに『We can change!』です。

とりあえず、イスがいる。

投稿者 amata 18:41コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月09日 14:28

R-1ぐらんぷり2009決勝進出者決まる

AMATAです。

『R-1ぐらんぷり2009』決勝進出者(出演順)

1. 敗者復活枠
2. 敗者復活枠
3. バカリズム(マセキ芸能社)
4. エハラマサヒロ(よしもと・クリエイティブエージェンシー)
5. サイクロンZ(太田プロダクション)
6. 鳥居みゆき(サンミュージックプロダクション)
7. 鬼頭真也(夜ふかしの会=ハイレグタワー)
8. COWCOW山田よし(よしもと・クリエイティブエージェンシー)
9. あべこうじ(よしもと・クリエイティブエージェンシー)
10.中山功太(よしもと・クリエイティブエージェンシー)

R-1も毎年少しずつシステムが変わっていますね。
今回は敗者復活の枠が初めて生まれ、10人で戦うとのこと。
そして今年は初のゴールデン枠で放送。

・三浦マイルド
・くまだまさし
・もう中学生
・友近
・夙川アトム
・岸学
・鈴木つかさ(元ザ・プラン9)
・ナオユキ
・天津木村
・ヤナギブソン(ザ・プラン9)

敗者復活戦に出場するメンバー。
天津木村は今年を逃すともうチャンスは『ないと思います』。
それだけに是非とも決勝に進んで欲しい。
もう一人はギブソンか鈴木さん。

・桂三枝
・関根勤
・大平サブロー
・清水ミチコ
・ラサール石井
・江川達也
・堺正章

審査員もバラエティに富んでいてイイ感じです。
当たり前ですが寛平さんがいません。

まだ全然テンション上がっていませんが、
今度こそ中山功太に優勝して欲しいトコロ。
僕の中では友近でなく彼の方が、
M-1の笑い飯のような存在になっています。

投稿者 amata 14:28コメント (4)トラックバック(0)

2009年02月07日 18:03

開業準備

AMATAです。

Webサイトの制作と、
日々の体調管理でお世話になっている、
カイロプラクティックさかい様。

スタッフのお一人が、
この度めでたく独立されるので、開業のお手伝いをしています。
各種印刷物やロゴの制作など。

いつも同じ事を言いますが、
開業から関わらせていただけるのは本当に楽しいです。
参考資料や会話をヒントに、
望まれているイメージを探り膨らませ、
これは近いこれはギリギリアウトだセーフだスリーアウトチェンジだと、
イメージを共有していきます。

クライアントは僕より年上ですが、
開業に関しては一応僕の方がパイセンなので、
お気持ちがよく分かる分、力も入ります。

投稿者 amata 18:03コメント (0)トラックバック(0)

2009年02月06日 15:03

食べましたよポチ太さん

AMATAです。

この間のプリンジャムを食べてみました。
パンはご近所の美味しいパン屋『ル・シェル』のハードトースト。
パンだけでもパクパク食べられる程のシロモノ。

まずはカラメル部分を混ぜないバージョンで。
うーん、どう見てもプリンです。

色は付いているものの、ミルクジャムにかなり近い味。
これはこれでなかなか美味しいです。
バニラビーンズのような黒い粒、これは本物のバニラビーンズです。

ぐるぐると上下をかき混ぜてみました。
ちなみに本当のプリンなら絶対にこんな事はしません。
協会から即・脱退勧告を受けてしまいます。

見た目も味もプリンに近くなりました。
プリンなのですが、キャラメルっぽくもあります。
個人的にはこっちの方が好きでした。

見た目にも楽しいので、
みんなで分け分けして食べるのが楽しいと思います。

創作自然瓶詰食品セルフィユ

投稿者 amata 15:03コメント (2)トラックバック(0)

2009年02月05日 10:28

くりそつ

AMATAです。

おとといの節分の日、
打ち合わせのために入ったとあるお店の店長が、
僕にそっくりでした。

この世の中には自分に似ている人が3人はいる、
という話を聞いたことがありますが、
これだけ似ている人に出会ったのは生まれて初めてで。

好きなことに対する熱量とか、
モノマネのチョイスとか醸し出す空気感とか、
初対面にも関わらず省略して会話が成立する感じとか、
怖いくらい自分と『丸かぶり』していました。
外見じゃなく、内面が。

ひとしきり話をしたあと、

『AB型?』と訊くと、

『はい。』と返事があり、

『何月生まれ?』と訊くと、

『2月です。』と返ってきました。

もう気持ち悪いくらいです。

その結果、
半ばお客さんをほったらかし気味でトークが弾み、
泣く子も黙る『くどすぎ!モノマネ大合戦!』が繰り広げられました。

クドい友達がまた増えました。

投稿者 amata 10:28コメント (2)トラックバック(0)

2009年02月04日 13:45

エホー

AMATAです。

ビックリマンを卒業した原因は、
たしか『大人買い』を手にしてしまった時でした。

当時はひとり3個までしか買えなかったのに、
40個丸ごと入った箱を親戚からプレゼントしてもらった時、
一気に夢から覚めてしまいました。

昨日は節分でした。

恵方巻大好き霊長類ヒト科の僕としては、
2月3日は最も楽しみな日の一つです。

豆まきとか方角とか無言とか、
やっぱり今年もどうでも良くて、
重要なのはただ一点、
美味しい巻き寿司をまるまる一本かぶりつく事にあります。
日本の風習、本当にごめんなさい。
僕はダメな日本人です。

やろうと思えばいつでもできる事なのに、
毎年この日が来るまでガマンしてしまうのは、
本当にこの日を大切にしているのだと我ながら思います。

といいつつ、実は2本食べました。
また来年が楽しみです。

投稿者 amata 13:45コメント (2)トラックバック(0)

2009年02月02日 17:27

覚えられません

AMATAです。

今年度は怒濤の出産ラッシュです。
いったい何人の友達から子供の写真付きメールが来た事か。

女友達は結婚で名字が変わる中、
さらに子供の名前を覚えるというのは、
ROOKIESの川藤幸一でもない限り無理です。ごめんなさい。
しつこく何度も聞き直すと思います。

しかもトレンドなのか、
どの子も当て字が多くてさらに記憶できません。

ダンスの師匠TARBOさんの息子『侍勇(かむい)』君なら、
一生忘れない自信はあるんですけど。

でも、
そのたくさんの子供の名前を聞いて思うのは、
みんな希望を託してるんだなぁと言う事。

『愛』とか『陽』とか、
色で言うと圧倒的に暖色系のイメージが多いです。
きっと社会情勢も手伝っているのでしょう。

ちなみに、
僕は三人兄弟の末っ子ですが、
上の二人は考えて名付けられたにも関わらず、
僕だけは当時父親が『野村克也』を好きだという理由で、
そのままコピー&ペーストされました。

にも関わらず、
我ながら楽しい人生を送っていると思うので、
姓名判断とか画数とか、
そういう事にはまるで無頓着です。

投稿者 amata 17:27コメント (6)トラックバック(0)