AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2009年04月30日 19:38

武器

AMATAです。

最近は企画書や提案書の作成が続きます。
スタッフが増えて自分の担当が少し変わってきました。

もともとイラストレーターを目指しながらも、
長期的な考えでグラフィックデザイナーの勉強をはじめ、
でも気が付けばWebデザイナーとしてのニーズが強くなり、
そんな中さらにカメラにも手を出している始末。

そして次はプランナー。
何処へ向かうよAMATAのボス。

僕には一流の武器が無いので、
『総合力』で勝負しようと独立の時に決めました。

ひとつひとつの点の大きさでは太刀打ちできなくとも、
線や面にした時には勝負が出来るレベルでありたい、と。

その総合力のお陰で、
これまでたくさんのお客様にハッピーを提供できたのは事実ですが、
最近基博や宮本さんのLIVEを観たり、
ラーメンズのコントライブを観たりして、
やっぱり僕にも何か『一流の武器』が欲しいと感じるようになりました。

努力を続ければどの分野も一流になれると思っていましたが、
たとえ一流になれたとしても、超一流には敵いません。

おそらく今が試練の時です。
苦しくないと言えば嘘になりますが、決して悪くはない時間です。

投稿者 amata 19:38コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月28日 01:55

GW休業のお知らせ

AMATAです。

このたびGW休暇のため、
誠に勝手ながら下記の通り休業させていただきます。
何かとご不便をおかけしますが、
何卒ご了承下さいますようよろしくお願い申し上げます。

GW休業期間
平成21年5月2日(土)〜平成21年5月6日(水)
※5月7日(木)より通常営業いたします。

※ブログもお休みします。

投稿者 amata 01:55コメント (0)トラックバック(0)

2009年04月27日 19:18

ラーメンズ第17回公演『Tower』

AMATAです。

ラーメンズ第17回公演『Tower』を観ました。

ラーメンズ面白いです。毎回必ず面白い。
綿密に作り込まれたコントがこれほど人を感動させるとは、
誰が予想できたでしょう。

毎回チラシが格好いいのも素敵。
一体いくらお金をかけるんじゃい!ってくらい豪華な印刷。
デザインも芸人っぽさは微塵もなくむしろアート的で、
コントを芸術の域に高めつつあるラーメンズらしい表現。

やっぱりみんなすごい。

投稿者 amata 19:18コメント (4)トラックバック(0)

2009年04月25日 14:41

秦基博LIVE初レポート(2)

AMATAです。

DSC5834.jpg

世界遺産である上賀茂神社が会場であるならば、
終始厳かな空気の中で行われるものと思っていました。

事実、
先に登場したヴァイオリニスト・宮本笑里(えみり)は、
会場の空気に溶け込む高度な演奏で僕らを魅了してくれました。

彼女はあくまで清楚で上品な印象でしたが、
いざ演奏が始まると雰囲気が一変し、
強さと艶のある曲までこなせる幅広い表現力を持っていました。
なぜ基博とバーター(業界用語)だったのか、
今考えるとギーフシでなりません。

単独でも良かったのでは?という思いがよぎりましたが、
それだと彼女を知るきっかけを失っていたので、結果オーライです。
近日中に高い確率で彼女のCDを買っている事でしょう。

さて、
お待ちかねの基博ですが、
オープニング2曲は世界遺産に敬意を表した面持ちに感じましたが、
その後はまるで正座を我慢できなかった子供のように、
シビレを切らして一気に自分の空気に変えていた(ように僕は感じました)。

それでいいのか、基博よ。

という気持ちは無きにしもあらずでしたが、
実際のステージは基博の空気で進んだ方が遙かに心地よく、
冷たい風で少し冷え込んだカラダを暖めてくれたのも、
彼のマイペースな空気の賜物でした。

ええ声なのは今さら言うまでもありませんが、
加えていろんな表現が出来るのね、と言うのが正直な感想です。
これまであまり気にならなかった曲でも、
今の基博が歌う事でまた違った魅力が生まれ、
音楽のギーフシさと無限の可能性をまざまざと感じました。

ビジュアルついての前向きな解釈は、
オペラ歌手を習ってやむなく増量しているのだと。

でもトークは上手くありません。
この発言は大勢のファンを不快にさせるかも知れませんが、
決して不要だと言う訳ではありません。

曲間に織り交ざった無設計で無計画なトークは、
雨の中捨てられた子猫を可愛がる須藤晃(by 天ない)のように、
曲とのギャップを生み出しており、
それが一層歌の良さを引き出していました。
これが計画的なら、彼は天才です。

しつこいようですが基博は親友の弟で、
他のミュージシャンに比べて少し距離が近く、
実のところ昨日までは『かなり身近な存在』だと思っていました。

でも昨日のLIVEが終わってからは、
『かなり身近だけど、遠い存在』に変わりました。
やっぱりプロはすごいです。

曲目
M-1.夕暮れのたもと
M-2.dot
M-3.フォーエバーソング
M-4.Baby,I miss you
M-5.Honey Trap
M-6.シンクロ
M-7.青い蝶
M-8.キミ、メグル、ボク
M-9.プール
M-10.虹が消えた日
M-11.鱗(うろこ)
〜Encore〜
風景

投稿者 amata 14:41コメント (6)トラックバック(0)

2009年04月24日 23:45

秦基博LIVE初レポート(1)

AMATAです。

今日は上賀茂神社まで基博LIVEへ。
世界遺産でのLIVEはなんとも素敵なロケーションでした。

じっくり初レポートを書きたいところですが、
残念ながら今日はあえなくタイムオーバー。
詳しくは明日書きますが、
とにかくいい時間を過ごすことが出来ました。

開演前に驚いたことが2つ。

ひとつは先日大阪に来てくれた横浜の友人が会場に来ていたこと。

そしてもうひとつは、
上賀茂神社の入り口付近でダンスの師匠TARBOさんが、
子供相手にダンスのレッスンをしていたこと。

こんな所で出会うなんて。
イベント前の出来事として100点満点です。

投稿者 amata 23:45コメント (3)トラックバック(0)

2009年04月23日 11:23

ホッ

AMATAです。

accesslog.jpg

名誉挽回しました。
なんとなくスッキリです。

そういえば今日、
関西ローカルの『ちちんぷいぷい』に基博出演していましたね。
カイロ治療中に偶然目にしました。

〜〜〜

今年度は始まったばかりですが、
また新しい方々とたくさんお会いできそうな予感がします。
昨日もお二人の方と知り合う事が出来ました。

投稿者 amata 11:23コメント (0)トラックバック(0)

2009年04月22日 23:47

無意識

AMATAです。

運転中(信号待ち)での出来事。

右手でウインドウを空け、
車内に舞い込んだ葉っぱを外に返そうとしたところ、
何故か左手でウインドウを閉めてしまい、
自作自演で右手を挟んでしまいました。

あれは何だったんだろう…

身体のパーツが単独行動を起こし、
無意識にボケ始めたのか。

父さん母さん、
我ながら天晴れな面白ボディになりました。

投稿者 amata 23:47コメント (4)トラックバック(0)

2009年04月20日 19:06

LIVESTAND 09開催決まる

AMATAです。

今日は一日中喋りっぱなしの日で、
三度の飯よりトーク大好きな僕もさすがに疲れました。

電話を切った途端にまた別の電話、が続きに続き、
あまりのタイミングの良さに、
ロケバスから様子を覗かれているような気持ち悪さがありました。
お陰様で喉がからからです。8300カラー(単位)です。
一日仕事場にいてこれは珍しい。

そんな中、ついさっき吉本からのメールが届きました。
今年のLIVESTANDは夏場に開催するようです。

【開催日】2009年7月18日(土)・19日(日)・20日(月・祝)
【会 場】幕張メッセ国際展示場4〜8ホール(千葉県美浜区)

公式サイト

時期的にどうだろう?
乗り込むには時間的ゆとりが無さ過ぎて、
何だかこの先もう行けなさそうな気がしてきました。

前回何かと問題のあった関西での開催はどうなるのか、
今後が気になるところです。

もう諦めようか?
でも諦めたら、そこで試合終了??

とりあえず、
今週末の基博LIVEを楽しみにします。

投稿者 amata 19:06コメント (4)トラックバック(0)

2009年04月18日 16:01

試食

AMATAです。

試食について納得がいかないというか、
どうにかして欲しい残念な事実。

例えばお菓子の場合。

デパートやら観光地やらで、
小分けにカットたものが箱に入っていたり爪楊枝に刺さっていたりで、
自由に試食できるのは皆さんご存知の通りです。

事前に味を確かめてから買う事が出来るので、
野生の勘を頼りに『ジャケ買い』する事もなく安心ですが、
買って帰って食べてみたら、
試食の時の味とちょっと違っている…

なんでだろうと考えてみると、
小分けにされている分、
サイズ味のバランスが変わっているからだと思います。

試食の方が美味しかった事、
時々ありません?

商品によってはサイズに影響されないものもありますが、
そうでないものは適正サイズを今一度見直す必要があると思います。

試食の世界も奥が深いです。

投稿者 amata 16:01コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月17日 14:28

LIVESTAND 09

AMATAです。

LIVESTANDはGWの恒例行事だったのに、
今年は開催の情報が一切ありません。

やらないならやらないで、
何か情報が欲しいです。でなきゃ期待してしまいます。

そんなわけで今年は、
昨年以上にGWの予定を立てていません。

今の所は疲れた体を休めるのが最重要事項ですが、
少し遠出をして写真撮りに行くのもいいかと考えています。
皆で写真撮影(と美味しいごはん)ツアーするのも楽しそうです。

投稿者 amata 14:28コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月16日 15:38

敗北

AMATAです。

log.jpg

こんな事は初めてです。

先日の結婚報道の事があったからだと思いますが、
あろうことか抜かれてしまいました。

AMATA BLOGの半分は、秦基博で出来ています。
よって頭痛には効きません。

投稿者 amata 15:38コメント (3)トラックバック(0)

2009年04月15日 19:03

緞帳

AMATAです。

昨日の雨はまるで桜の終了を伝えるような、
切り替えという意味が存分に含まれている気がしました。

そんな昨日は、
前半は花粉症に苦しみ家に引きこもり、
後半は一ヶ月以上行っていなかったジムに行って、
一時間ほどランニング。

これまた久しく乗っていなかった体重計に乗り、
かねてからの減量計画が、
プラマイゼロという無惨な結果に終わった事を知る事になりました。

依然177cm、67kg。

ここから学んだ事。

冬にダイエットはするもんじゃないです。
冬はやっぱり『蓄える』時期。
あと秋は味覚が充実しすぎるので、これまた不向き。

そうなると今の時期が一番適している模様。
今度は無理のない65kg目指して再びチャレンジ。

投稿者 amata 19:03コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月13日 18:04

サクラトル(2)

AMATAです。

今回は日中の桜です。

↑お馴染みノールック撮影。

↑これはルック撮影。

↑これもルック。

↑これもルックで、また来年。

投稿者 amata 18:04コメント (3)トラックバック(0)

2009年04月11日 13:28

サクラトル

AMATAです。

別に夜桜が好きという訳ではありませんが、
日中に撮るタイミングを逃したので、やむなく、と言った感じで。

今年に入ってから今までずっと忙しく、
あれよあれよという間に月日が流れていきました。

そんな中、
今年の桜は威風堂々と咲き誇り、
例年より長くその姿を保ち続けています。

それがまるで、
早すぎた時間の流れを精算してくれているように、
あるいは今まで頑張ってきたご褒美のように感じられ、
少しだけセンチな気持ちになるのです。

だからもう少しだけ、咲き続けて欲しいざます。

投稿者 amata 13:28コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月10日 11:41

コロンブスの卵

AMATAです。

旅先でもない限りこのブログの写真のモチーフは、
日常にあるものがほとんどです。

誰もが一度は目にした事のある風景でも、
敢えて写真には残していないシーンだったり、
ほんの少し構図を変える事で普段とは違う良さを発見できたり、
そういう『コロンブスの卵』な視点を目指しています。

もちろん、
素直に表現したものや他の視点も織り交ぜていますが、
それが一番自分に期待している部分かと。

※Not 渋滞中、but 走行中。

投稿者 amata 11:41コメント (4)トラックバック(0)

2009年04月09日 18:42

赤は『とれ』

AMATAです。

ファインダーを覗かず、
偶然のままに写真を撮る事が稀にあります。
この写真もそうです。

もちろんボツ写真も多いですが、
たまにいい感じに撮れるとテンション上がります。
まさに偶然の産物。

ちなみにこれは車の中からの撮影。
シャッターチャンスはどこにでもあるみたいです。

※Not 走行中、but 渋滞中。

投稿者 amata 18:42コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月08日 16:01

経て

AMATAです。

一生モノのアーロンチェアを買う時に、
最後の最後まで悩んでいたYpsilon(イプシロン)というチェア。

そのイプシロンが、
6年の時を経て、遂にAMATAにやってきました。
新たなスタッフ用として。

感無量です。
まさかこんな日が来るとは。

投稿者 amata 16:01コメント (4)トラックバック(0)

2009年04月06日 14:17

この愛すべき『一生モノ』

AMATAです。

Herman Millerのアーロンチェアを買ったのは、
粋がっていた20代半ばの頃。

アーロンチェアというのは、
スピーカー界の“BOSE”または芸人界の“ダウンタウン”のような存在で、
誰もが一度は憧れる素敵チェアなのです。

大して収入があったワケでもないのに、
若かった僕は日々の激務を乗り越えた自分へのご褒美と称して、
大奮発の末にこの愛すべき『一生モノ』を手に入れたのです。

その時の感動は、
今でも鮮明に覚えています。

その時から、
僕の『モノ』に対する考え方がガラリと変わりました。
所有する喜びが、これほど心躍らせるとは…

あれから6年、
この一生モノはまだまだ元気に僕を支えています。
お互いに飽きる気配も今の所ありません。

なんて思っていた時、
こんなサイトを発見しました。

アーロンチェアオーナーの方、必見です。

アーロンチェアのある風景

投稿者 amata 14:17コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月04日 16:48

1/3345

AMATAです。

sweettype.jpg

iTunesのシャッフル再生が好きで、
仕事中もランダムに曲を聴く事がよくあります。

この間、
夜中にひとり仕事をしていて、
息抜きに『Sweetype』のギャラリーを見ていたときのこと。

3345曲の中から、
徳永英明のアルバム『Vocalist』から『なごり雪』が選ばれ、
画面とのフィット感がとんでもない事になりました。

あまりのシンクロ具合に、
ついつい泣きそうにになってしまいました。
夜中である事も手伝っていたと思います。

他にもドライブ中に、
偶然その景色に合った曲がかかると嬉しくなります。


『おっ、今日のiPodは空気読める子だねぇ!』


なんて褒めてみたり。
ゆえに偶然は楽しいです。

投稿者 amata 16:48コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月03日 18:33

AMATAです。

またひとつ、
目から鱗なデザイン。

『CD-Rを買って余ったケースが1枚くらいあるでしょ。それ使いなよ。』

というコンセプトのリユースCD。
先日の坂本龍一LIVEにて購入したものです。恐ろしく潔い決断。

アーティストなら、
アルバムはひとつの作品として捉えてしかるべきものであるのに、
エコという視点を最優先した大英断のデザイン。

正直なところ、
CDを購入してもiTunesかiPodでの再生が主流となる僕の生活には、
むしろこの方が無駄もなく、心地よいです。
僅かながらジャケット自体もスリムになり、収納面でもメリットが生まれます。

もちろん、
歌詞のないピアノの曲であるからこそ、
ブックレットが不要で実現できたという点もありますが、
歌詞をダウンロードする事は今や容易です。

その意味で、
現代の環境に配慮したひとつの解決法である事には違いなさそうです。
ライフスタイルの中でこの応用ができないか思案中です。

投稿者 amata 18:33コメント (0)トラックバック(0)

2009年04月02日 20:29

エイプリル・フルーツ

AMATAです。

新しい環境になって2日目ですが、
少しずつカラダにゆとりが生まれるのを肌で感じています。
もちろん、ココロも。

このあいだ久々に師匠と飲んだ時、

『最近、自分で自分を盛り上げてるね〜!』

と、ブログから僕の状況を的確に分析され、
実は疲れ切っていた事がバレバレで恥ずかしい思いをしました。
やっぱ分かる人には分かるんですね。

無理はしたくないのにせざるを得なかった状況。
こんな事はもうコリゴリです。
今年度は改めて『健康第一』を貫きます。

大好きな仕事だけれど、
そればっかりじゃ、楽しさ半減です。

※エイプリル・フルーツは関係ありません。
 本文と関係ありません。

投稿者 amata 20:29コメント (2)トラックバック(0)

2009年04月01日 20:02

TRIO

New AMATAです。

今日から3人体制です。

3人というのはAMATA始まって以来の大所帯で、
初日だというのに、これまでにない新しい空気が流れています。
我が事ながら楽しみで仕方ありません。

一方でこの二ヶ月間、
様々なお客様に本当にご迷惑をおかけしました。
自身の体力不足というのもありますが、
明らかにキャパオーバーの状態で仕事を抱えすぎてしまい、
何コレ渋滞中?と言われんばかりの速度でしか、
日々の連絡や提案をさせていただく事が出来ませんでした。


本当に、すいませんでした。


この場を借りて皆様にお詫びすると共に、
今後はこれまでの遅れを取り戻し、
スピーディーかつ高品質なモノを提供するよう努力してまいります。

本年度もどうぞよろしくお願いいたします。
もちろんブログ読者の方々もよろしくお願いします。

投稿者 amata 20:02コメント (6)トラックバック(0)