AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2009年09月30日 15:51

GOOD FOOD(グッドフード)

AMATAです。

ご近所のオーガニックカフェ『GOOD FOOD』が、
2周年記念のイベントをしていたのでお祝いがてらちょっと顔出しに…
のつもりがいつの間にかカメラマンになっていました。

関西で活躍する、
Westerners(ウェスタナーズ)のLIVE。
この後みんなノリノリに。

しっとり。

みんなに愛されてます。もちろん僕も好きなお店です。

たまたま車にカメラは積んでまいしたが、
緊急時のためにストロボも持参しないとダメですね。
こういう時ちょっと悔しい。

GOOD FOOD(グッドフード)
野洲市冨波甲424-67
TEL:077-575-7846
営業時間:11:30〜22:00 ※たまに変更アリです。
定休日:木曜日
駐車場:4台

大きな地図で見る

投稿者 amata 15:51コメント (1)トラックバック(0)

2009年09月28日 17:42

ディア・ドクター

AMATAです。

昨日は西川和美監督の『ディア・ドクター』観ました。
一般上映は既に終わっている作品ですが、
近くのシネマホールでやっていたのでこの機会を逃すべからず、と。

心に深く染みいる作品で、
見終わってしばらくしてから『また観たいな』と。
とてもいい映画です。オススメです。

同じ西川監督の『ゆれる』も評判良かったみたいなので、
近々そっちも観るつもりです。

『(気分が)落ちてない時に観た方がいいよ!』

『ゆれる』を観た友人からこんなアドバイスをもらったので、
その理由もついに明らかになりそうです。

最近は、読書より映画気分。

投稿者 amata 17:42コメント (3)トラックバック(0)

2009年09月26日 11:45

キングオブコント2009

AMATAです。

当日は大阪で『エレ片』のコントライブを観ていたため、
たった一日でガチンコのコントを計22本(8×2+6)も観るという、
誰にも尊敬されない快挙を成し遂げてしまいました。

今年のキングオブコント、面白かったです。
気になっていた昨年の問題がほぼ解決していただけでなく、
さらなる魅力を備えて戻ってきてくれました。

まず、
各ファイナリストのネタが必ず2本観られる事。
M-1では決勝に残った3組だけしか観られなかったので、
とても贅沢な気分で3時間を過ごせる事が素敵。

採点方法も改善されました。
昨年物議を醸した決勝での『芸人申告制』も無くなり、
純粋に点数を競うものにチェンジ。
2本目は点数が低い芸人からというのも巧い。

最高2,000点ってさすがに広げすぎじゃない?って思いましたが、
同点を避けるための安全策かな、と。

そんな中、見事『東京03』が優勝。

以前『笑・神・降・臨』で彼らのコントを初めて観た時、
それぞれのキャラが確立されているだけじゃなく、
自分たちのコントのフォーマットたるものがしっかり構築されていて、
関西ではあまり見かけないけど、観やすいなと思っていました。

今大会でもそれがよく感じられて、
優勝も文句なしでした。母も納得していました。

豊本さんが優勝の瞬間も女装していたにもかかわらず、
そんなに違和感がなかった事も変に納得。

ただ、
サンドウィッチマンの2本目のネタ冒頭、
お店に入った伊逹に富沢がいきなり鏡を見せるボケの破壊力、
あれはとんでもなく凄かったなぁと。
油断してたところに強烈なボディブローを浴びせられた気分。
即物的なボケとしては間違いなくあれが優勝。

期待していたジャルジャルが最下位だったのは、
売れすぎたためにネタの露出が多く、
新鮮味が薄れてしまった事が大きいのではと思っています。
ジャルジャルは来年以降に期待。

今回は本当にクオリティが高かったですが、
昨年ののロバート『トゥトゥトゥサークル』ネタのような、
今でもしつこく頭から離れないような、
そういうパンチのあるネタは少なかったように感じます。

欲を言えば、そういうのも観たい。

投稿者 amata 11:45コメント (2)トラックバック(0)

2009年09月25日 13:35

DESIGNEAST 00

AMATAです。

関西のデザインを盛り上げるべく、
企画されたイベント『DESIGNEAST(デザインイースト)』。

僕自身、
関西におけるデザインの意識は高いと思っていません。
この土地でデザインの価値を唱え続けても無駄かもという、
諦めに似た後ろ向きな感情は常にあります。

しかしながら反対に、
だからこそ時間をかけて底上げしたい気持ちも持っています。

そんな背景があり、
このイベントには強く共感できます。
それと単純に嬉しかった。

↑プロダクトの販売ブース。
製品は触ってみて使ってみてこそ真価が分かるので、
いつものようにペタペタ触りました。

↑こちらはプロダクトの展示。
販売ブースと同じようにペタペタ触ったら注意されました。
むき出しなのに触れないのは生殺しのようで残念。

↑第一部トーク。

スウェーデンを代表するデザインユニット、
CKR(CLAESSON KOIVISTO RUNE)よりOla Rune氏が来日。

いつも思いますが、
こういう時に笑顔で話をされるデザイナーは本当に好きです。
『デザインは楽しい』という事を語らずして伝えてくれるようで。

↑第二部のトーク前には、長蛇の列が。
それにしても一日中いい天気で気持ちよかった。

↑続いて第二部トーク。

無印良品の金井政明社長と、
その無印良品のデザインにも関わるデザイナーのSam Hecht氏。

金井社長の緩やかでいながら揺るぎないお話と、
無駄のないSam Hecht氏のトーク。

優秀なデザイナーほど、
こういった場でのトークは魅力的です。
まさに言葉をデザインしている感じ。

今までぼんやりと理解していた無印良品の位置づけが、
お二人のトークによって明確になりました。ピントが合った感じ。

〜〜〜

実行委員の方とも少しお話しする機会があり、
とても実のあるイベントでした。

関西のデザイナーとして、
こりゃ来年は何かしら関わらにゃあきまへんと強く感じたので、
有言実行で行きたいと思います。

投稿者 amata 13:35コメント (2)トラックバック(0)

2009年09月24日 11:22

仕入れ

AMATAです。

基本的に仕入れが必要ない気楽な仕事ですが、
ブログの写真だけは定期的に仕入れます。

この連休中もたくさん仕入れてきましたので、
これから小出しにしていきます。

書きたい事、
書かねばならない事もたくさんありますが、
とりあえず目の前の仕事を先に。

投稿者 amata 11:22コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月19日 12:59

タイムオーバー

AMATAです。

DESIGNEAST、良かったです。

熱いうちにレポートを!と思ったら大型連休に入ったので、
詳細は休み明けに書きます。

投稿者 amata 12:59コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月18日 18:15

キリキリマイ

AMATAです。

今週はあまりに色々な事があり過ぎて、
ふり返ってやっと把握できるような、そんな一週間でした。
ブログもここ数日何を書いたかあまり記憶がありません。
きっと今年はこのペースのまま終わる気がします。

来週はいよいよキングオブコント2009。
ネタ自体も楽しみですが、
2008年の問題点がどれだけ改善されているかが気になります。

それにしても、
当日までもう少し情報を小出しにしてくれると嬉しいです。
つい最近になって放送日知りました。
その結果、当日はサンケイホールブリーゼでエレ片のライブです。
何も知らず普通にチケット取ってしまいました。

キングオブコント2009ファイナリスト
東京03
ジャルジャル
モンスターエンジン
ロッチ
天竺鼠
しずる
サンドウィッチマン
インパルス

明日はAMATA一同、
大阪・中之島で開催中のDESIGNEASTに。

ご迷惑をお掛けしますが、
連絡は携帯までよろしくお願いします。

投稿者 amata 18:15コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月17日 10:19

茶屋長三郎彌助リニューアル

AMATAです。

茶屋長三郎彌助様のWebサイトをリニューアルしました。
今の所はTOPページのみ。
駆け足につき不完全な箇所も残っていますが、
とりあえず、一段落。

FLASHは毎度お馴染みセキオ、
そして写真撮影はSayoに手伝ってもらいました。
二人ともありがとう。

今回はバナーなどの点数が多く、
撮影とコピー、そしてデザインを考えるのは一苦労でしたが、
お陰様でいい勉強になりました。
ページ制作はスタッフが頑張ってくれました。

やっとスタート地点に立てたので、
これから日々改善していきます。

『日々向上』

プロフェッショナルで語った井上雄彦氏の言葉を胸に刻みます。
本当にプロってそうですしね。

投稿者 amata 10:19コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月16日 15:03

達成感

AMATAです。

無事コンペの企画書を提出しました。
とりあえず達成感だけなら誰にも負けない120%。

完成度についても、
主催者の想いをたっぷり込められたかなとも思いますし、
描いたイメージをきっちりカタチに出来たかな、と。

そんな感じなので、
もし結果が出せなかったとしても、1ミリの悔いもありません。
まだまだ力が足りなかったんだと諦めます。
とにかく結果が楽しみです(でも発表日が分からなくてもどかしい)。

そして昨日の夢は、
佐藤可士和氏とガッツリ喋るという内容でした。
今回の結果と何か関係あれば嬉しいです。

投稿者 amata 15:03コメント (3)トラックバック(0)

2009年09月14日 13:56

ギャース

AMATAです。

コンペのアイデアを考えるため、
夜中に散歩に出掛けて出くわしたご一行様。

深夜にも関わらず、
思わず『ギャース!』と発狂しそうになりました。
一匹ならまだしも、これはちょっと。

実際にはこの3倍はいました。
なので思わず『ギャース!』と発狂しそうになりました。

ギャース!

投稿者 amata 13:56コメント (5)トラックバック(0)

2009年09月12日 10:58

コンペ

AMATAです。

とあるデザインコンペにチャレンジしています。
仕事ではなく、個人的に。

AMATAでは、
基本的にコンペには参加しません。

お客様の細かい要望や問題をしっかり把握した上でしか、
良いデザインは生まれないというポリシーなので、
提案が先になるコンペのシステムとはスタンスが異なるためです。
もちろん単にリスクが高いというのもあります。

それでも今回コンペに参加するのは、
今の自分に少し『攻めの姿勢』をプラスしたい事と、
デザイナーの性に素直に従いたいため、
そして単に副賞に目がくらんでしまったためです。

※やっぱりブログで批判なんてするもんじゃないですね。
 自分で書いておいてすごく気分が悪いです。
 でももうしばらく消さずに放置してみる事にします。

投稿者 amata 10:58コメント (3)トラックバック(0)

2009年09月11日 11:57

違う意味でゼロ

AMATAです。

こんなまがい物を飲むくらいなら、
諦めて最初からジンジャーエールを飲んだ方が幾分楽しめる。

安藤 克也(アートディレクター)

ブログで商品批判するのは本意ではありませんが、
これ以上被害者を出したくないのでどうぞお許し下さい。

キリンフリー。
お酒好きの人はみんな怒ってます。
もちろん、僕も。

少し前に車で焼肉を食べに行った時、
お日柄も良くお肉も美味しく、
こりゃ気分だけでも味わねばバチが当たるという事で、
ついに開けてしまったパンドラの箱。

もう…ガッカリでした。
『L 〜change the world〜』くらいガッカリでした。
史上最高の17,000ガッカリー(単位)。

発泡酒なんかも決して好きではないですけど、
まだ情状酌量の余地があるな、と。

投稿者 amata 11:57コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月10日 14:04

サマーウォーズ(とエヴァ)

AMATAです。

スタジオジブリとピクサー以外、
長いあいだ劇場でアニメは観なかったのに(最近はジブリもご無沙汰)、
今年は珍しく2本も観ました。

『エヴァ』と『サマーウォーズ』。

前者はどこまでも重く、後者はどこまでも軽い。
でもどっちも面白かったです。

サマーウォーズはそこまで観るつもりなかったんですけど、
その日は一日ひたすら家で本を読んでいたので、
これではイカンなと外に出る口実を探していたら、
いいタイミングでレイトショーがあった、というだけのノリ。

でも下手なイメージ先行の映画よりよっぽど完成度が高く、
満足度も高かったです。もう一回観たいくらい。
ストーリー自体は軽くないんですけど、見せ方が巧妙かつ軽快で。

ビジュアルからイメージする『サマーウォーズ』と、
実際に展開するストーリーに相当のギャップがあった事も、
いい意味で期待を裏切られて良かったです。
ふらっと入ったそば屋が美味かった、みたいな。

僕の中では『僕らの七日間戦争』みたいなイメージでしたから。
そういえば『菊次郎の夏』も同じ裏切られ方をしました。

シリーズものは仕方ないですけど、
予備知識入れない方が絶対面白いですね、映画は。

投稿者 amata 14:04コメント (2)トラックバック(0)

2009年09月09日 11:46

オモローな人々。

AMATAです。

昨日は休日でしたが仕事で大阪へ。

新規のお客様の打ち合わせのあと、
第3ビルの『はがくれ』で好物のかまたまうどんをツルリ。
体に溶け込む老舗の美味さ。

その後、
chum-chum closetの山崎さん(from 高知)、
そして山崎さんを紹介してくれた友人スガノと3人で食事。

久々の再会という事もあり、
新鮮な話題が飛び交うのが楽しくて楽しくて。

それに2人とも話題には事欠かないので、
オシャベリーヌである僕が聞き手に回れるのも新鮮。

それぞれがぞれぞれのフィールドで活躍して、
それをお互いが認め合える。

オモローな人が周りいてくれることは、幸せです。

投稿者 amata 11:46コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月07日 16:44

糸賀一雄記念賞第八回音楽祭チラシ

AMATAです。

糸賀一雄記念賞第八回音楽祭

↑イメージラフ。

↑完成品。

当初のイメージに近い形のまま仕上がり、
それで喜んでもらえるとひときわ嬉しいです。

イラスト担当は前々回と同じくAMATA元スタッフです。

投稿者 amata 16:44コメント (2)トラックバック(0)

2009年09月05日 10:04

ワンピースの男

AMATAです。

これだけのストーリーとキャラクターを、
こんなにも生き生きと描ける人を僕はかつて知りません。

もちろん面識なんてありませんが、
楽しそうに漫画を描いてるんだろうな〜と容易に想像できます。
きっと休みの日でも普通に描いてそう。

描きたくて仕方がない衝動に駆られて、
夢中で描いているみたいに。

昔ラジオで人志松本がブラックマヨネーズの漫才を絶賛した時、

『とにかく二人が楽しんで漫才してるもんな〜』

と評していましたが、
漫画家で言うとナンバーワンは間違いなくこの人(僕の中で)。
誌面からそれがビンビン伝わってきます。

ちょっと前にも似たような話をしましたが、
ハードな週刊連載でコンスタントにこのテンションを維持するのは、
イチローより凄いなと思ってしまうのです。

漫才と漫画。
僕を惹き付ける『漫』って何だ。

投稿者 amata 10:04コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月04日 17:43

決め手は写真

AMATAです。

先日、
久々にネットからお仕事の問い合わせを頂きました。
アロマハンドセラピーのお客様。
アロマと言えば一年前のMEGURU様を思い出します。

ネットでWeb制作会社をお調べになった結果、
あまりビジネスっ気のないTOPページに目を留めていただき、
最後の決め手はブログの写真でAMATAに決めてくださったようです。
懲りずにに写真を載せ続けて良かったです。

さらに嬉しい事に、
500を越えるブログ記事もかなり読んでくださっており、
話もとてもスムースに進める事が出来ました。
本当にありがたい事です。
僕なら他人のブログを一気に500も読めませんから。

最近はネイチャーな写真が続きますが、
写真からマイナスイオンを感じられたら一人前かなと、
無謀すぎる目標を掲げています。

※そう言えば今日プロのカメラマンにも写真褒められました。
 実はあんまり自信はないので励みになります。

投稿者 amata 17:43コメント (0)トラックバック(0)

2009年09月03日 14:58

第七回新世代漫才アワード

AMATAです。

関西ローカルにつき、
ご覧になった方は限られているかとは思いますが、
先日の『新世代漫才アワード』について。

高校生1000人が審査員という一風変わった賞レースです。

他の賞レースに比べ、
審査員の感性が離れているものだから、
僕がいいなと思ったコンビが勝ち上がれない事もあります。

そのため、
レースは終始『闇鍋』ばりの予期せぬ展開となります。

それがこのレースの醍醐味でもあるのですが、
今回は芸人も審査員である高校生にピントを合わせているのか、
観ていてあまり響いてきませんでした。

番組を観ている僕やその他視聴者に対して、
笑わそうという気がないというか、
画面の中だけで全てが完結していたように感じてしまいました。

僕はそれを『のぞき見』をしている感じ。

第七回新世代漫才アワード決勝出場者
藤崎マーケット
ソーセージ
のろし
SPAN!
オジンオズボーン
イシバシハザマ
かまいたち
ストリーク
天竺鼠
ヒカリゴケ
スマイル
ウーマンラッシュアワー

ずば抜けて良かったコンビもいなかったし、
今年はちょっと面白みに欠けました。
東京進出したイシバシハザマはもう少し観てみたかったかな。

我ながら酷評が多いこの頃。頑張れ芸人。
お笑い好きな人は皆、何かに飢えています。

投稿者 amata 14:58コメント (2)トラックバック(0)

2009年09月02日 13:37

当時のポリシーは

AMATAです。

気が付けば9月になっていました。
という事はあと1ヶ月でAMATAも4周年。

独立当初のポリシーとして、
この3つをメインに掲げていました。

・規模を大きくせず、デザインの小料理屋になる
・そのためメンバーも3人までにする
・周りから羨ましがってもらえる存在になる

上2つはある程度実現できているとして、
最後の3つ目はまだまだ中途半端です。

やりたい事はたくさんあるけれど、
放ったらかしにしたり、体がついてこなかったり。

でもこの難関を乗り越えた時、
3番目もクリアできるんじゃないかと考えています。

壁を越える事は、
辛いけれど楽しいもの。

また、
越えるべき壁がいつもある事も、
幸せだと思います。

※コメディNo.1解散。意外ではありませんが、大事件です。

投稿者 amata 13:37コメント (2)トラックバック(0)