AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

坂本龍一 in twitter

AMATAです。

今日は仕事終わりに大阪にあるシアターBRAVA!まで、
坂本龍一氏のピアノソロライブを観に。
今回は大貫妙子さんをゲストに迎え、内容はさらに豪華に。

そこで起こった、奇跡の出来事。

僕が乗っていた大阪行きのJRが、
人身事故の影響で急遽高槻駅でストップしてしまい、
開演時間までの到着が不可能になりました。

追い打ちをかけるべく、
運転再開までかなりの時間がかかるとのアナウンス。

教授のライブは毎回楽しみにしているので、
我ながら落胆の色を隠せません。
しばらくの間、どうすればよいか途方に暮れていました。

—会場に事情を説明してみようか?

会場に電話で理由を説明しても、
僕のひと声で開演時間が遅くなる事などありません。

—タクシーで移動しようか?

チケット代より高くついてしまうし、時間も読めません。

—ふたたび途方に暮れる。

その時、
たまたま移動中の電車の中で見ていたtwitterで、
すでに開場時間中だというのに、
教授がtwitterを使っていた事を思い出し、
ダメ元で教授にメッセージ。

『いまBRAVAへ向かっていますが、
電車が人身事故で停まってしまい開演に間に合いません。無念です。』

ささやかな期待をすること、10分。

『まだ動いていませんか?』

僕のつぶやきに教授が返信してくださいました。
こんなことが、起こるとは…

次の返信で事の詳細を説明すると、
なんと開演時間を10分遅らせる処置をとってくださいました。

もちろん、
僕のつぶやきだけでそうなったとは思えません。
他の方からの問い合わせなども多数あったと思います。
でも、でも、素直に心が震えました。

職業上、
実験的にtwitterを触っていましたが、
今ひとつ落としどころ(使いどころ)に悩んでいた矢先、
こんな嬉しい出来事がありました。

ありがとう、twitter。

人と人との繋がりを大切にしていたら、
年の瀬に間接的にでも教授と繋がる事ができるなんて、
これ以上の幸せはありません。

本当に、嬉しかった。

幸い、
緊急停車した高槻駅には阪急電車も走っていたたため、
別ルートでスムースに乗り継ぐ事ができ、
結果的に20分遅れで会場に到着する事は出来ました。

でもtwitterがなければ、
教授が開場中にtwitterをチェックして下さらなければ、
本当のところは30分遅れです。

この差は、たった10分ではありません。
この処置にどれだけ救われたか。どれだけ心が潤ったか。

不本意に遅れたライブで、
あれだけ満喫できた事は未だかつてありません。
そしてこれからも無いでしょう。

きょう僕は2階席で観ていましたが、
最前列の方よりも、心の距離は近かったと信じています。

教授及び関係者の方々、
本当にありがとうございました。

|

トラックバック

トラックバックURL:http://www.amata.jp/mt/mt-tb.cgi/653



いただいたコメント

19日、会場のA26にいました。改めて感動しました。ありがとうございます。
twitter最近始めて、よく分からない状態ですが、フォローさせてもらえませんか?

投稿者:キラモロ 2009年12月23日 01:11

うらやましい。彩ちゃんと握手会では握手して二言、三言しゃべったけどアマタと教授の様な深イイ話しとはちと違うなぁ。

投稿者:すみあん 2009年12月21日 14:19

なんと!
そんな素敵なことになっていたとは…。
やっと最近何となく、twitterがどんなものかわかってきましたが、まだよくわかっていません。
私も教授LOVEです。25日のライブに行きます。
twitterもいいけど、手紙書くのもいいものですよ。

投稿者:すずき 2009年12月21日 12:59

Twitter少し苦手意識を持っていましたが素敵なお話ですね
AMATAさんの日頃の行いの善さの成せるワザですねキット
サンタさんを信じる気持ちを思い出しました

投稿者:agnes 2009年12月21日 11:42

はじめまして。
私もリアルタイムでみてました。
そして20日の公演で、また話題にされてて
私まで、心が近い気持ちになりました。

19日の演奏もそうだったと思いますが
教授の音は、どんどん自由で優しくて
柔らかくて。ドキドキでしたよね。

とりとめないですが・・・
感動のおすそわけありがとうございます♪

投稿者:ぱんだ号 2009年12月21日 01:43

本日20日の同じコンサート2日目で教授がこの話をMCで話題にされていました。「その後その人は無事に来れたのだろうか?」と仰ってました。

投稿者:mryryh 2009年12月20日 22:59

まるで短編小説を読んでいるようでした。
素敵な出来事ですね。

投稿者:hinaco 2009年12月20日 22:05

30年来の坂本龍一ファンです。
昨晩は急な体調不良で、坂本さんとのTwitterでのやりとりを知ったのは、今日の深夜でしたが、坂本さんにメッセージを送ったAMATAさん、それに応えて開演時間を遅らせた、坂本さん、お二人の判断力と人柄に心打たれた感じです。Twitterは、communicationの一手段にすぎませんが、使う人の的確な状況判断と周囲への気遣いを、Twitterという手段が仲介している、このことが、改めてわかる出来事でした。

投稿者:yoshikoskz 2009年12月20日 11:25

年の瀬に素晴らしい出来事です。。。
リアルタイムでtwitter見てて、僕も震えました。
いや〜ほんとビックリ。
twitterも、その人となりが出ると思いますが、
教授・・・音楽だけでなく人間的にも素晴らしい方ですね。

投稿者:マツザキ@湖岸のほとり 2009年12月20日 03:28

いただくコメント

▼コメントいただけると、マンモスうれPです。