AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2010年08月30日 15:21

NIKUNOHI

AMATAです。

ゲゲゲ列車

昨日は友人と夜ごはんを食べに…
行ったんですけど色々とついてなくって。

行こうと思ったうどん屋が定休日で、
じゃあラーメン食べようと思ったら営業終了してて、
そそそそれなら栄喜知に行こうと思ったらまさかの臨時休業…。
さすがに当初のテンションは維持できず。

気を取り直して、
じゃあ焼き肉でも行こうかって事になり、
店に着いてから気が付いたのは昨日が29日だったこと。
そうなる運命だったんですね、きっと。

そんな肉の日に訪れた草津の『あららん』。
落ちかけた僕らのテンションを上げてくれるだけでなく、
ほっぺはしっかり落としてくれました。

たまたま見つけた密かにお気に入りのお店です。
キムチも美味しい(これ大事)。

それにしても、
昔ほどニクニクしなくなりましたが、
それでも時々無性に焼き肉が食べたい時があります。

そんな時フラっとお店に立ち寄って、
キムチを横目に少しの肉を焼き、ビールをグビッと1〜2杯。
最後に冷麺を食べて20分くらいで出る。

そんな食べ方に今憧れています。

投稿者 amata 15:21 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月28日 18:57

目指すところ

AMATAです。

安来節キャラ

お店や会社などが、
Webサイトを見た時の印象と違っててガッカリという経験は、
誰にでも一度どころか十度はあると思います。
もちろん僕にだって何度もあります。

だから僕は被害者でもあり、
反対に加害者になってしまっている可能性も否めません。
長いデザイナー人生、無罪ではないでしょう。

Webサイトは、
会社やお店の中身を気持ちよく伝えるものだと考えています。
過剰なイメージ演出なんて全く不要で、
せいぜい先を見据えて少し背伸びするくらいの方が、
実際にサイトを見て期待した方を裏切らないんじゃないか、と。
(通販サイトになると少し話が変わりますが)

それでも魅力的なWebサイトであるためには、
お客様側の努力が絶対に必要不可欠です。もちろん我々の努力も。

お互いが日々成長し改善を繰り返す事で、
いいWebサイトへと成長するのだと僕は考えます。

魅力を引き出すのがデザイナーの仕事。
魅力を生み出すのはお客様の日々の不断の努力です。

とりあえずデザイナーに依頼すれば簡単にイメージUP!!
というような事にはなりえまえん。
仮にそうなったとしてもそれはあくまで表面的な話で、
決して長続きはしないでしょう。

想いがまとまらず多々偏っている所も自覚していますが、
それが僕の目指すところです。

投稿者 amata 18:57 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月27日 15:31

暮らし

AMATAです。

海の家

サウナに入っている時間帯によく見る、
NHKの『世界ふれあい街歩き』という番組がお気に入りです。

内容はタイトルの通りで、
毎週世界中の方々の暮らしを垣間見る事ができます。

それを見てふと感じたのは、
僕は我ながら『楽しく生きている』事には自信が持てますが、
楽しく暮らしているかと聞かれると、そうは思えません。
それどころか『暮らす』という要素が見事に欠落しています。

よくよく考えてみれば、
ここ最近誰かを見て羨ましいと感じる時、
その人から強く『暮らし』を感じられる時が多いです。
そしてそういう人は素敵でもあります。


このブログを書いている途中に、
滋賀県大津市にある秋田歯科の秋田院長から一通のメール。

『Webサイトの感じが良くて、ここに来ました。』

という患者さんが最近いらしたようです。
そんな事聞かされたら、めちゃくちゃ嬉しいじゃないですか。

そう、めちゃくちゃ嬉しいじゃないですか。

投稿者 amata 15:31 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年08月26日 13:36

右耳を右肩につけるようにして2

AMATAです。

_DSC4511.jpg

相変わらずこんな事しているわけですが、
というよりもむしろ気に入っているわけですが、
ベストな見せ方が分かりません。

もう少し、この間の旅の続きを。

松江の次は鳥取・米子へ。
目的の皆生(かいけ)温泉へまっしぐらのつもりが、
面している海(美保湾)でまた撮影。

誰に迷惑かけるでもなく、
気ままににプランを変えられるところが、
一人旅の良いところ。

海水浴を楽しむ人は少なくなくて、
みんな水着なのに僕だけ服着てゴツいカメラ持ってるものだから、
逆に変な人として見られていた気もします。

水着では海に行かないから、
僕が知らない夏が確かにありました、そこには。

投稿者 amata 13:36 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月25日 19:24

【ご注意】

AMATAです。

田舎の怪物

こういう姿をしているようです。田舎にお住まいの方はご注意下さい。

投稿者 amata 19:24 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年08月23日 11:56

GOOD FOOD二次会 in セルポワ

AMATAです。

週末はご近所カフェ、
GOOD FOODのオーナー『よしみ』の二次会へ。

相変わらず個性的な人だらけ。
彼女と旦那さんの人望がよく分かります。
二人とも自営業ってのもあるかも。

僕はいつものようにごはん食べつつ写真撮りつつ、
終始マイペースで楽しんでいました。
仕方がないけど店内は暗くてISOはほとんど3200!
天井高くてストロボも役に立たず。
被写体によってマメに測光モード変えて何とか撮れました。
3200でもこれだけ撮れるのはやっぱりスゴイ。

お二人ともお幸せにー、って言わなくても幸せでいそうな二人。
背伸びしない二次会って感じで素敵な時間でした。

投稿者 amata 11:56 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月21日 14:56

朝撮れの松江

AMATAです。

どろぼう貴族

掛け持ち。

漁師料理のお品書き

こういうの見つけるといつも悔しくなります。
ぶっきらぼうなのについつい読んでしまう魅力的なメニュー。
『ふぐのひれ酒』は2杯目から半額以下となっています。

イタリア酒場

これはまた違った意味で悔しい。
楽しそうなお店だけど旅先でイタリア料理食べないですからね。

極楽とんぼとつるべ

二件目は奥にある師匠の店で。

排水口から逃げる缶

排水口から缶が逃亡しているところを見つけました。
松江の自販機で『売り切れ』を見かけたら、逃げたんだと思って下さい。

お米の自動販売機

新旧の1,000円札だけでなく、500円札にも対応しています。
対応力という点でおそらく国内最強の自動販売機です。

今月のお休み

いつかこれだけ大胆に告知してみたいものです。
5日間という長さが『〜』の絶妙な長さで表現されています。

こうして僕は旅の地を偏った視点で焼き付けていきます。
観光地巡りよりこっちが楽しかったりもします。

投稿者 amata 14:56 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月20日 13:39

足立美術館の枯山水庭

AMATAです。

足立美術館外観

米国の日本庭園専門誌、
「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で、
7年連続「庭園日本一」に選ばれる庭を持つ美術館が島根にあります。
それがこの足立美術館。

安来節の石像

松江からは少し離れた『安来(やすぎ)』からバスで移動。
安来節で有名なあの安来です。
ちなみに『やすきぶし』ではなく『やすぎぶし』が正しいようです。

枯山水庭を鑑賞する人々

残念ながら庭園に足を踏み入れる事は御法度で、
こんな感じで窓越しに鑑賞したり、
場所によっては柵越しに生で観る事ができます。

足立美術館の枯山水庭

あまりの完成度に衝撃を受けました。
7年連続受賞も納得できます。

巧妙にデザインされた庭であると同時に、
よくできた日本料理の一皿を観た時のような印象を受けました。

足立美術館の枯山水庭

足立美術館の枯山水庭

足立美術館の枯山水庭

足立美術館

この庭園も季節ごとに表情を変えるようですが、
一番いい時期に体験できたと思います。

投稿者 amata 13:39 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年08月19日 15:07

宍道湖の夕景

AMATAです。

宍道湖の夕日

松江に行こうと思ったもうひとつの理由は、
日本夕陽百選にも選定される『宍道湖の夕日』を見てみたかったため。
シジミで有名なあの宍道湖(しんじこ)です。

夕景を観に集まった方々

夕日を観るのに頃合いの時間になると、
僕のような観光客だけでなく、
地元の方々も夕日を観に集まっていました。

夕日を観るためだけに家族が集まってきたり、
そういうの、すごく素敵だなぁって。

宍道湖の夕暮れ

沈む直前に観た幻想的な色彩は忘れられません。

宍道湖の夕暮れ

陽が沈んでからも、
また別の表情を観る事が出来ます。

極めて贅沢な時間でした。
でもよく考えたら滋賀県にも歴とした琵琶湖があって、
僕どんだけ湖好きやねんとも思いました。

投稿者 amata 15:07 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年08月18日 18:07

島根を旅して営業再開

AMATAです。

松江

ひとり旅で松江(島根)に。
島根に決めたのはこれまで足を踏み入れた事がなかったのと、
青い春の18のアレで行って耐えられそうなギリギリの距離だったので。

片道で8時間も電車に乗ったのに、
たった1泊しかしない自分でも馬鹿みたいなペース配分でしたが、
それでも十分過ぎるほどいい旅が出来ました。

旅は本当にいいですね。
移動中は久しぶりにゆっくり本も読めましたし、
これからこまめに行きたくなりました。

そして本日より営業再開です。
ほどほどに気合いを入れて頑張ります。

投稿者 amata 18:07 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年08月11日 11:59

透明だった世界

AMATAです。

輪島の風景

お盆に帰省してくる友人が、
当たり前のように『飲もうぞ。』と誘ってくれるのは、
恒例でありながら本当に嬉しいものです。
限られた時間の中でドラフト指名されるわけですから、
当然スペシャルな気分になります。
もともと関西はアウェイだった僕が、
ずっとホームで生きてきた友人を逆に迎え入れる、
その構図もまた面白いのです。


基博10枚目のシングル『透明だった世界』、本日発売です。
情報としてはあまりに普通ですが、
とてもとても久しぶりに基博情報をお伝えしてみました。
もはや名ばかりの後援会大阪支部長ですが、
影ながらとはいえ、とんでもなく彼を応援しています。
もちろん未だCDを買い続けているミュージシャンのひとりです。

透明だった世界(初回生産限定盤)(DVD付)


なぜだか最近またランニングを始めています。
一度真昼の炎天下に走ってみて激しく後悔してからというもの、
比較的涼しい夜に走るようにしました。
お昼は暑さにやられて全然思うように走れず、
こりゃスタミナ落ちまくってるなと相当焦りましたが、
夜はいつも通り走れたので問題は別の所にあったようです。
どうしようもないくらい汗が出て気持ちいいです。


明日から6日間お休みをいただきます。
今年は『リフレッシュ』な休みにしたいと思っているので、
どこか知らない土地を旅してみようと考えています。
今のところマナカナいち押しの『島根』が有力候補です。

皆さんもよいお休みを。

投稿者 amata 11:59 |コメント (3)Twitterでつぶやく

2010年08月09日 13:25

チキン

AMATAです。

朽ちていく自転車

日に日に人の情報に依存しつつあります。

例えば食事に行く時は、
いつも『食べログ』の点数を頼りにしています。
もちろんそれだけで判断はしませんが、
そのデータが大きく間違っている事も今までありません。

例えば映画を観る時は、
大好物のピクサーシリーズ以外は、
twitterで評判の映画を優先して観に行くようにしたり、
人の評価を参考にする度合いが増えています。

確かにそれで失敗が減ったのは事実ですが、
もっと自分の直感を頼りにしてあげてもいいのにな、と。

特に映画なんて、娯楽です。

たとえ10,000人が面白くないと評価しても、
自分さえ肯定できるものならそれでいいはずなのに、
確率の高い方に気持ちが流れてしまいます。

何気なくフラっと入ったお店が、
どれも美味しくて大当たりだった時のような新鮮な感動は、
何にも代え難いものなんですけどね。
いつのまにかチキンに成り下がっている自分がいます。

ばんがれ自分。

投稿者 amata 13:25 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月07日 11:15

再構築

AMATAです。

クロネコ

今月から仕事の量を減らしています。
場合によっては仕事も断るようにしています。

春から先月までずっと頑張りすぎたので、
まとまった時間を作って自分のペースを取り戻すためです。

スピードを出せば出すほど視野が狭くなるように、
仕事が溜まれば溜まるほど、自分にゆとりが無くなります。

この仕事で難しいのは、
ゆとりを失いすぎては存在価値(商品価値)が半減してしまう事。
常にニュートラルな状態でいる事が、
いい結果を残すためにはどうしても必要です。

たくさんの方にお声がけいただくのはこれ以上なく嬉しいんですけど、
その方々全員をハッピーにできるかというと、
物理的に不可能だということが今回よくよく分かりました。

気持ちはあっても、
一日にできる事はやっぱり限度がありますから。
徹夜を続けられる体力もありません。

自分たちのできる範囲内で、
今関わらせていただいている方々を全員ハッピーにする。

改めてそれを目指すことにしたので、
そのために仕事のバランスを再構築する事にしました。

消極的に聞こえるかも知れませんが、
僕としてはこの上なく積極的な決意のつもりです。

Webサイトやブログでもない、
新しいサービスを水面下でコソコソ進めていますし、
そうなるとまた別の時間も必要になります。

そんなわけで、
自分の描いたイメージを100%に近い状態で具現化するため、
またちょっといろいろ動いています。

投稿者 amata 11:15 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年08月06日 17:55

コピーはコピー

AMATAです。

道路

合カギを作りに行ったんですけど、
その元となる鍵もまた、合カギだったんです。

「マスターキーない?その方が正確に作れるよ。」

お店の方にそう聞かれた時、
コピーのコピーは本物とはほど遠いと言われている気がして、
人生の縮図を感じながら、妙な安心感が体を包みました。

「そう、そうなんですよ!
さすが分かっていらっしゃいますね、おば様!」

と言い出さんばかりに。

別に自分が誰かのコピーだなんて思っていないのに、
あの気持ちは何だったんだろう。

暑い日が続きます。

投稿者 amata 17:55 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月05日 17:11

夏期休業のご案内 2010

AMATAです。

実は錠

誠に勝手ながら、
夏季休暇のため下記期間を休業致します。

【夏季休業期間】
平成22年8月12日(木)〜平成22年8月17日(火)
※8月18日(水)より通常営業いたします。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。
期間中はブログもお休みします。

投稿者 amata 17:11 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月04日 16:42

AMAちゃんの「実は・・・」

WAJIMATAです。

ルートインホテルの前で

輪島へは車で行きましたが、
実は僕の愛車『giant escape M clasicc』も、
密かに輪島デビューを果たしています。

「よかったら自転車で輪島を回りませんか?
その方が輪島を分かってもらえますから」

というお客様の素敵すぎるリクエストに応えるべく、
しっかり自転車も積んでいた、というわけです。

いろんな所を自転車で走るのは最高に楽しい。
それが自分の愛車なら、なおさら。

いろんな所に積んで行けば楽しいはず。
昔住んでた二日市(福岡)とか走ったら感動して泣くだろうな。
あの時はまだ自転車持ってなかったし。

最近は暑くて日中に走るのは厳しすぎるので、
自転車くらいが僕には丁度いいです。

投稿者 amata 16:42 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年08月02日 17:39

輪島取材:椀木地

WAJIMATAです。

輪島/工房

漆を塗る前の状態、『木地』を見学に。
今回は椀の木地なので『椀木地』と言うらしいです。

椀木地職人

朝も早くから、
ひたすら椀木地づくりに励んでいらっしゃいました。
職人だなぁ、カッコいいなぁ。

山積の椀木地

成形後の椀木地。成形前の状態のものもチラホラ。
この椀木地の元となる『荒型』を作るまでに半年〜一年かかるそう。

漆器ひとつが完成するまでの工程が想像をはるかに越えて多く、
そしてどの工程も繊細な技術や忍耐力を必要とするので、
誰もが簡単にできる事ではありません。まさしく『伝統工芸』です。

完成した椀木地

完成した椀木地。
この段階でも十分魅力的でついつい欲しくなりましたが、
このままでは水分を吸ってしまい、
まったく実用性がないというので購入はやむなく断念。
でも見た目も手触りも本当に言う事なしで感動すら覚えました。

こういう感動を体験するかしないかで、
デザインのクオリティは天と地ほど変わります。

もちろん人間としても。

投稿者 amata 17:39 |コメント (0)Twitterでつぶやく