AMATA chum-chum closet イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2010年09月30日 22:31

キングオブコント2010(後編)

AMATAです。

金沢駅

キングオブコント2010の続きです。
空白の一日はどうかお願いです、気にしないで下さい。

ジャルジャル

そのの実力とは裏腹に、
賞レースで思うように結果が残せない不運な二人。
でも僕は好きです。何だかんだで面白い。
ダンスの世界でもコンテストとショーケースの振り付けが違うように、
彼らのコントは賞レースに向いていないのかも知れません。
本人達はそりゃもちろん優勝したいでしょうけど、
今のスタンスを変えずに成長を続けた上で、
結果を残してくれることを僕は一番期待して(ヒュッ)いるんです。

エレキコミック

昨年のキングオブコント“2009”当日、
僕は大阪でエレキコミックのライブを観ていました。
初めて彼らのネタを観た日でしたが、
以来どうしても受け入れる事ができません。
披露宴で『賄い』を食べさせられているような違和感があります。

それと1本目のお金に固執するネタでは、
会場のお客さんを見事に引かせてしまいましたねぇ。

ラバーガール

ラジオやダイナマイト関西で彼らを知ってはいましたが、
本格的にネタを観たのは今大会が初めて。
ツッコミの飛永くん、いいですね。
これぞ超自然体!というツッコミにリアリティを感じます。
本名『飛永 翼』って今にも羽ばたきそうな名前なのに、
ちゃんと地に足がついている所にも好感が持てます。

反対にボケの大水くん、
あののっぺりした表情の割にセリフの多いキャラが、
なんかすごい勿体ないなぁと感じました。
もっと飄々とした空気感むき出しのネタが観てみたいなぁ、と。
でもちょっと気になるコンビです。

しずる

M-1 2010での『チンポジ』が如く、
二本目の『パンティー』連発で会場をドン引きさせましたが、
んもぅ惜しいなぁ!と思うコンビです。
漫才コンビで言うと『ダイアン』と同じくらい惜しい。
今回ボケの池田くんとダイアン津田の惜しさが同等。
それは怖いキャラを演じても、あんまり怖くないという点。
だから観ていてあんまり入り込めないんですよね。
どうしてもコミカルに見えてしまうというか。
相方の村上くんはその点演技上手いなぁと思います。

〜〜〜

漫才好きな僕は今までコントをほとんど観ていないので、
多くのコンビは今回のネタだけを観て判断しています。
それは“木を見て森を見ず”な視野の狭い感想かも知れませんが、
それもいいかとありのままの想いを吐き出してみました。

さてM-1が楽しみになってきました。

投稿者 amata 22:31 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年09月29日 16:13

mixiやめます

AMATAです。

松江駅前

マイミクの方への告知になってしまいますが、
ぼちぼちmixiを退会します。

一時期はとてもお世話になりましたが、
自分のブログを始めてからはログインする事も減りましたし、
今mixiでないと出来ないことが僕にはありません。

物理的に嵩張ることもないので放っておきましたが、
部屋にある『なんとなく捨てられないもの』と変わらないので、
思い切って整頓したかったのです。

自分でも興味深かったのは、
mixiを退会することを躊躇していた一番大きな理由が、
昔の友達に再会できるんじゃないかという希望。
きっと僕だけじゃないと思います。

登録はしたけど読めていないメルマガを配信停止にしたり、
そんなものも含めて身辺整理中です。

すみませんが今週中に退会しますので、どうかご理解を。

投稿者 amata 16:13 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月27日 20:36

キングオブコント2010(前編)

AMATAです。

赤目四十八滝

昨年の『東京03』と『サンドウィッチマン』のような、
優勝のせめぎ合いが観られなくて残念でしたが、
全ファイナリストのネタが確実に2本ずつ観られるこの大会は、
番組の濃度として今年も申し分ないですね。

今回は全体の感想ではなく、
各コンビについて僕が思う事を綴ります。

TKO

高校の頃から観てきたコンビという事もあって、
これからも頑張って出場し続けて欲しいなと思います。
木下のボケのペースや木本の小刻みで懇切丁寧なツッコミに、
世代の古さを感じてしまうのは否めませんが、
万人に受け入れやすい『分かりやすい』コントスタイルは維持しながら、
漫才における矢野・兵藤のような貫録を身に付けて、
いつか優勝して欲しいと思います。

ロッチ

この二人は本人達も言うように、
かなり軽〜い気持ちでコントを楽しんでいるな、と。
だからなのか観ていてまったく嫌な気持ちにならないし、
賞レースなのに清い心で観ている自分がいます。
コカドの『怒らなきゃダメなのに嫌な気してない』テンション、
観ていて本当に微笑ましくなります。
クドカンの作品を観た時のような『後腐れ無き』笑い。

ピース

ピースの芸風って結局どんなんだろう。
彼らのコントを観たのは今大会が初めてで、
人見知りで地味と噂の又吉がどんな感じで攻めてくるかと思いきや、
意外と本来の性格を消し去りぎみのネタで、
それでも笑いを取ってた事に妙な違和感を感じました。

でも二本目の妖怪ネタで又吉が扮した『弱くてやさしい妖怪』が、
暫定チャンピオンのイスに座っている姿には笑わざるを得ず、
細かいことはよく分かんネェけど笑っちまったよ、という感じ。
というわけでまだ芯が見えていない不思議なコンビ。

キングオブコメディ

第三者が持っているイメージを、
そのままキャラクターに変換しているのがボケ担当、今野。
これがまずすごい。
自分の身近にいたらかなーり憎たらしいキャラで、
ツッコミの高橋も終始手を焼いている。
でも外から見ている分にはまったく傷つかないので観ていて爽快。
その辺が中山功太との大きな違い(僕は好きですが)。
そこに緻密に計算された構成がプラスされると、
あれだけの破壊力を生み出すんだなぁと感心しました。

後編に続きます。

投稿者 amata 20:36 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月25日 23:23

持ち越し

AMATAです。

赤目四十八滝

この間のキングオブコント2010について。

頭の中ではほぼ感想がまとまりつつありますが、
それを出力する時間の方が足り(ヒュッ)ません。
周りの熱気なんてとっくに冷めているとは知りつつも、
来週明けにも書き(ヒュッ)たいと思います。

漫才じゃないけれど、
やっぱり僕にとって芸人は愛す(ヒュッ)べき存在です。
もうたまりませんね。

例の(ヒュッ)ごとく帰ってからもう1度観ます。

ヒュッ

投稿者 amata 23:23 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月24日 18:36

虎ぁ〜油

AMATAです。

虎ぁ〜油

東京のパイセンから頂いたお土産。
桃ラー以来の“食べラー”、その名も『虎ぁ〜油』。

そういえば桃ラーもお客様からの頂き物。
食べラー運はそこそこあるみたい。

食べラーが生活に根付いた証拠に、
桃ラー登場以来数え切れない食べラーが登場しました。
その種類は間もなく飽和に向かい、
これから淘汰が始まる時期に差し掛かると思います。

そして僕自身、
桃ラー以外の食べラーを食べた事がなかったので、
今回はいい比較になりました。

簡単にまとめると、

1.具が細かい。

桃ラーは『具の中にラー油が入っている』印象でしたが、
虎ぁ〜油はラー油の中に具が入っています。
つまり桃ラーに比べて汁気(ラー油っ気?)が多いです。

2.辛みが強い

虎ぁ〜油の方が辛いです。
とはいえ『辛っ!』となる程ではなく、
最後にピリッと感じるくらい。
辛さを求める方はこちらをオススメ。

よく考えたら桃ラーはまったく辛くなかったです。

3.調和しやすい

味のインパクトは、
圧倒的に桃ラーに軍配が上がります。
今でも簡単に味を思い出せるくらいの主張ぶり。
『きき食べラー』しても分かります(たぶん)。

でも逆に言えば何に使っても、
桃ラーの味になってしまうという嫌いもあります。

その点この虎ぁ〜油は、
単体のインパクトは抑え気味になっているので、
『俺が俺が』とグイグイ迫ってくる事なく、
料理のパーソナルスペースを守りつつ、
控えめに調和しようとする気持ちを感じました。

こうなると好みの問題ですね。
そして他にもいろいろ試してみたくなりました。

投稿者 amata 18:36 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月22日 14:32

神前式

AMATAです。

明治神宮

連休は友人の結婚式で東京にいました。

とにかく朝も早いわ遠いわ、
スーツと普段着の着替えなんてカバンに入りきらないわ、
知ってる人なんて一人もいないわで、
直前までブーブー愚痴をこぼしましたが、
着いたら着いたで生まれて初めての神前式に感動して、

『呼んでもらってよかったなぁ。』とすっかり上機嫌な自分がいました。
タケフジとタカコさん、末永くお幸せに。

一泊二日の短い滞在時間でしたが、
結婚式の後も同じ業界で働く先輩方にも会え、
行きたかった『“これも自分と認めざるを得ない”展』にも行けて、
当初の予想以上に満足した東京でした。

あと3ヶ月もしたら、
毎年恒例の同窓会でまた行きますしね。

投稿者 amata 14:32 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年09月18日 11:48

フレーズ

AMATAです。

赤目四十八滝

友人の結婚式で、
明日から2日間東京へ行きます。

これまでは遠くてもせいぜい大阪で、
結婚式が理由ではるばる東京へ行くのは今回が初めて。
しかも高校時代の友人なのに東京です。
ラーメンを食べに博多に行くような感覚と似ています。


やっと朝晩が涼しくなってきました。
まだお昼はギリギリ冷房使う事もありますが、
もう秋の空気が日に日に夏の匂いを消し去っています。

今年は信じられないほど暑かった。
その事実に異議を唱える事なんてできませんが、
去年のブログを読み返したらこんな事を書いてるんですよね。
あと1ヶ月以上はこんな日が続くんでしょう。

それと9月はあっという間に終わりそうです。
これも毎年言っているフレーズ。

ぼちぼち今年のAつMATAの事も考え始めています。

投稿者 amata 11:48 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月17日 11:03

四十八

AMATAです。

赤目四十八滝

念願の滝を観に行きました。
三重県名張市にある赤目四十八滝。

残念ながら今年は雨が少なく、
肝心の滝も万全な状態だったわけではありませんが、
僕も左足の踵を傷めていたのでお互い様。

それでもマイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
イオンに限らず滝を含めた自然の音がまた僕を癒してくれます。
やっぱり滝はいいですね。またタキりたいです。

そう言えば、
行ってみて初めて分かったんですけど、
四十八滝だからといって別に滝が48箇所あるわけではないんですね。
数が多い事を示す言葉が『四十八』だそうです。
つまり『many』と同じような意味。

昔の言葉選びは奥が深いというか、
現代言葉みたいに合理的かつ表層的な発想じゃなく、
風合いや趣があって好ましいです。

投稿者 amata 11:03 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月16日 14:02

スグレモノ

AMATAです。

しまなみ海道

このブログ、
一週間の中でアクセスが少ない日は、
火曜日と日曜日なんです。

理由は簡単で、ブログを書いていないから。

もしアクセスを増やしたければ、
その2日間も書けばいい。
毎日更新となれば、見て下さる方もさらに増えます。

もっと増やしたければ、
一日の間に何度も書けばいい。

たったこれだけの事です。
要はいかにしてその状況と覚悟を作るか。

このブログに関しては、
これ以上の改善は僕自身望んでいませんので、
そうする予定はありませんが、
この考えは至る所で使えるスグレモノ。

そしてその覚悟を持って、
新しく始めようとしている事もあります。

覚悟って大事だ。

投稿者 amata 14:02 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月15日 16:32

Flickr

AMATAです。

しまなみ海道

今回より写真の置き場所をFlickrに変更しました。
このブログもかなり重たくなっているので、
快適に継続するための対策を講じている所です。
それに伴って写真の拡大機能は一旦停止しています。
僕自身も困るので、早めに何とかします。
こうしてじわじわとクラウド化が進んでしまっています。


黒烏龍茶とヘルシア。
揚げ物を食べ過ぎた時にどっちを飲むのが適切か、
という話題になったので調べてみると、
どうやら黒烏龍茶がいいようです。
ヘルシアは脂肪をエネルギーとして消費する。
黒烏龍茶は食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるとのこと。
確かにラーメン食べた後の黒烏龍茶、いい仕事してくれます。


マンガを実写映画化した作品には大抵不満が残ります。
長く続いた作品であればあるほど、
2時間程度の尺にまとめる事に無理が生じるのは当然の事。
それに気が付いて以来僕は観るのを止めましたが、
依然として作り続けられるのは、
そうだと分かっていても『今度こそ!』と期待してしまう、
ファンの感情に依存している所が大きいんじゃないかな。
この事はいつか改めて綴ろうと思います。

投稿者 amata 16:32 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月13日 14:53

右耳を右肩につけるようにして3

AMATAです。

_DSC4116.jpg

大好評『ミギツケ』シリーズの第3弾。
そろそろ夏ともお別れなので、これにて3部作完結。

気が付けば今年は結構海を見ました。
ちなみに泳ぐより見てる方が好きな人です。

投稿者 amata 14:53 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年09月11日 17:46

加波次吉漆器店の家紋

AMATAです。

加波次吉漆器店/家紋

加波次吉漆器店様の、
ロゴ(家紋)を制作させていただきました。
先日の輪島取材のお客様です。

当初はWebサイト制作だけの予定でしたが、
話の流れでロゴも担当させていただく事になり、
先行して完成の運びとなりました。

我ながら自信作です。
描いたイメージを崩すことなくカタチに落とし込めました。
シンプルだけど強さを持ったカタチ。
もちろんお客様にもとても喜んでいただけました。

まずは、一安心。

Webサイトが完成するまでの間、
待受画面として印籠のように使っていただいています。
お客様ご夫妻はお二人共にiPhoneをお持ちなので、
画面サイズぴったりの壁紙を数種ご用意。

水戸黄門ごっこに飽きた頃、
Webサイトが完成しているという段取りです。

この先この家紋を使って色々とツールを作る予定もあり、
今からそれが楽しみで仕方ありません。

そしてこの家紋がいつか蒔絵になる時がやって来る。
考えただけでも興奮せずにはいられないんです。

投稿者 amata 17:46 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月10日 18:42

消化不良

AMATAです。

青い蝶、ではない

最近は芸人関連のエントリー書いていませんが、
相変わらず好きな事は好きなんです。

ただテレビでも劇場でも、
漫才を観る機会が劇的に減ってしまい、
この間も久しぶりに漫才の特番やってると思ったら、
高校生が審査員の『新世代漫才アワード』。

どうしても自分の感覚と違うから、
前向きにその感覚の違いを楽しむ事はできても、
純粋に漫才を楽しめたかというと、
相当な消化不良がそこには残ってしまいました。

そんなわけで、
行く予定のなかった『LIVE STAND OSAKA』でも行こうかなと、
密かに企ててみたり。
でもこの時の問題はたぶん残ったままだと思うし、
一体どうしたものか。

つまり漫才には飢えまくっている毎日です。
今月キングオブコントありますけど、
M-1GP 2010まではまだ3ヶ月以上もありますから。

投稿者 amata 18:42 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月09日 16:36

なななななな

AMATAです。

しまなみ海道

どの辺がと言われても返事に困りますが、
5年続けてきて今が一番仕事に集中しています。

明日起きたらそうじゃなくなっているかも知れません。
でも最近の仕事への向き合いっぷりには自分でも驚きます。
休みの日でも暇があれば常に何か考えています。

AMATAを始めた頃、
あえて目標を決めずに舟を漕ぎ出しました。
その方法は自分に合っていましたが、
毎日を過ごす中で自分に求められているものや、
いいところ、悪いところ、変わらねばならない事など、
色々な事が見えてきました。

そして今、
理想のイメージがひとつ固まりつつあります。

イメージがハッキリしたから、
それに向けてどう動いたらいいかが明確になった。
集中している理由を挙げればそんな所です。

ついこの間まで『やる気ない病(自称)』だったのに、
気が付けばこんな状態になっています。

それと昨日のエントリーで、
このブログもめでたく777回を迎えました。
記憶に新しい500円玉の写真から277回も更新している事になります。

毎回欠かさず読んでくださった皆さま(いるのか?)、
本当にありがとうございます。

始めた以上いつかこのブログも終わりますが、
まだ続けますので今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿者 amata 16:36 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月08日 20:52

スイヨセール

AMATAです。

しまなみ海道

少し前の話になりますが、
自転車で走り抜けた『しまなみ海道』での一枚。

この場所に特別な思い出があるわけではありませんが、
走行中に撮った写真の中でもダントツで好きで、
きっと今まで自分が撮った風景写真の中でベスト10に入ります。

自分でも吸い寄せられてしまうような写真、
そうそう撮れるもんじゃありません。

それぞれの場所でこんな一枚が撮れたら、
その時はもう…ひたすら浮かれる事しか思いつきません。

浮かれに浮かれまくってやりますよ。

投稿者 amata 20:52 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月06日 17:36

頑張って夏を乗り越えた祭り

AMATAです。

ひょっとこ

週末は友人に誘われるままに、
自転車で滋賀→京都を目指しました。
実に輪島以来の自転車。
結果は途中リタイア。
ギア全開でも全然進まない坂道に完敗でした。
でも自転車楽しいです。
そろそろ自転車用のウェアが欲しいです。


やろうやろうと思っているのに、
ずっとできていないことを、
本当に少しずつですが、始めています。
最初は出来ていない事を消化することが目的でしたが、
ふと『だらしない』自分と向き合っている事に気が付きました。
だらしない自分、大嫌いです。


少しずつ眠れるようになってきました。
暑くてもう、寝られなくって。
こんなに寝られなかった年は初めてじゃないかな。
無事に暑い日を乗り越えられたら、
日本中で『頑張って夏を乗り越えた祭り』やりたいくらいです。
ゴチャゴチャ言わんとそんな国であって欲しいです。

投稿者 amata 17:36 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月04日 14:52

スパルタニック

AMATAです。

玄関の上にゴールがあるお宅

シュートを決めないと鍵が開かない、
最新のバスケットマン養成キーロックシステムを発見。

言うまでもありませんが、
2階の窓から妨害の可能性も考えられます。
今どき珍しいスパルタニック。

投稿者 amata 14:52 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月03日 13:13

わたし負けましたわ

AMATAです。

砂浜

僕の部屋にはクーラーがありません。
滋賀に引っ越してきた高校一年の時からずっと。

だから夏場でも寝る時は、
電動でファンがぐるぐる回って強さやらタイマーやらを調整できる、
皆さんご存知の例のアレで今まで過ごしていました。

でも今年はダメでした、
さすがに暑くてロクに寝られません。

ということで、
最近はクーラーのある別の部屋で寝ていますが、
その部屋には今度はテレビがありません。

最初は嫌だなと思っていましたが、
以外とストレス無く生活できるものですね。
観たい番組さえ録画しておけば、
基本的には特に必要性を感じなくなる始末。
逆に本を読む時間が増えました。

賞レース系の番組やオリンピック、
つまりリアルタイムで観たい時の欲求さえクリアできれば、
もうテレビ必要ないかなと思っています。

まーそこをどうするかは分かりませんが、
観る場所を拘束される時代はもう終わってほしい。
それをiPadで解決できれば100点。

ちなみに僕のテレビはまだブラウン管です。
つまり買い替え時期が迫っているのでいち早く何とかしたいのです。

投稿者 amata 13:13 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年09月02日 15:40

iPad camera connection kit

AMATAです。

iPad camera connection kit

世間は新型iPodの登場で盛り上がっていますが、
今僕が盛り上がっているのはこっちの方。

iPad camera connection kit。
写真をより楽しむための、魔法のコネクタ。

iPad camera connection kit

2つあるコネクタのうち、ひとつはSDカードスロット。
僕で言うとLUMIXで撮った写真はこっちを使って読み込みます。

iPad camera connection kit

もうひとつはUSBスロット。
元々ケーブルを介してデジタルカメラと直結する用途らしいですが、
ネットで調べるとカードリーダーが使えるみたいなので、
D300で使っているコンパクトフラッシュの読み込み用として使います。

iPad camera connection kit

使用イメージ。
嬉しいことにiPadはRAWデータの読み込みも対応しているので、
あとは補正用のアプリを探せばiPad上で写真が完成できます。

で、何が楽しいか。

たとえば結婚式で撮影した写真を読み込めば、
その場で楽しめるデジタルフォトフレームになります。
小さなカメラの液晶モニターとは、圧倒的に臨場感が違います。
マルチタッチでの操作の説明もほとんど不要。

披露宴で撮った写真を読み込んでおけば、
二次会しか参加できなかった方でも雰囲気を伝えられます。

もうひとつは、twitterの写真品質アップ。
気軽に写真を投稿できるのがtwitterのいい所ですが、
できることなら写真は綺麗な方がいい。

とは言え、
まったく手間がかからないわけではないので、
日常的には使わないかもしれませんが、
例えば出張や旅行先で撮った写真をその日のうちにUPできます。
これはとても魅力的で楽しい。

写真管理のストレージとしてiPadが活躍してくれそうです。
日に日に目に見えて進化を遂げて楽しいですよ。

投稿者 amata 15:40 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年09月01日 18:02

地喰酒房 そい

AMATAです。

地喰酒房そい

滋賀県草津にある、
地喰酒房 そい』のメニューを担当させていただきました。

デザインはいつものようにタッキー、
そしてチョコレートはGODIVA。

僕はお客様とのやりとりだけ担当していましたが、
デザインのチェックで写真を見るたび、
もつ鍋が食べたくなる衝動に駆られてとても大変でした。
あ、違う、コピーは少しだけ書きました。

写真にあるようなもつ鍋だけに止まらず、
そいでは近江牛を使った鍋や一品料理なども楽しめます。
お一人でも宴会でもオススメです。

※AMATAの瀧は『滝』とは一切無関係です。
 打たれて修行とか、そういう荒行的行為はできかねます。

地喰酒房 そい
滋賀県草津市大路2丁目15-35
TEL:077-562-3393
営業時間:17:00 〜 25:00 (LO 24:00)
定休日:月曜日
駐車場:あり

大きな地図で見る

投稿者 amata 18:02 |コメント (0)Twitterでつぶやく