AMATA お客様 イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2011年02月26日 16:09

δ'milieu(テトラミリュー)明日OPENします

テトラミリュー

先週レセプションパーティーに招待していただいた、
嵐山のカフェ『δ'milieu(テトラミリュー)』が明日OPENします。

レセプションの様子

友達のお店だから誉めるわけじゃなく、
ナチュラルな空間+採光の感じはとても居心地が良かったし、
素材にこだわった料理もとにかく美味しかった。

じっくり美味しい料理もあったし、
口に入れた瞬間『うまっ!』な料理もありました。
(あの激うまローストビーフは行けば食べられるのだろか...)

適度にアート作品の展示スペースもあって、
ゆるりのんびり過ごすには、すごく素敵な場所だと思います。
普段行かない嵐山にあるのも非日常ということで。

お店のなまえ
δ'milieu(テトラミリュー
お店のばしょ
京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町9-1 1F|ぐぐる地図
電話番号
075-468-1668
営業時間
平日 OPEN:11:30〜18:00 / 土日 OPEN:11:00〜18:00
定休日
火曜日

火曜日休み...日曜しか行けない…それだけ残念。

投稿者 amata 16:09 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2011年02月25日 18:33

ブレスエアー新商品サンプル届きました。

ブレスエアー|爽快潔リビング

爽快潔リビングの新商品サンプル(撮影用)が届きました。

カラーも増えて品質も格段に上がっています。いち早く皆さんにお見せしたいです。お近くの方はお試しで体験しに来て欲しいくらい。すでに持ってる僕ですら、もうひとつ欲しくなってしまう魅力に駆られています。Webサイトリニューアル後は寝具以外の商品も追加されますので楽しみにしていて下さい。一気にテンションが上がっています。

投稿者 amata 18:33 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2011年02月24日 18:31

自分が出来ないことやってのける人はホントすごい

Mac PRO

仕事が忙しいと痩せる人がいるけれど、僕は食べて太ってしまうタイプ。つまり増量している時は忙しい時。そんな僕だから、痩せてる人の方が『忙しい感』が出て羨ましさすら感じてしまいます。もし劇的に、例えば10kgでも増量した日には同情のひとつもしてもらえるかも知れません。でも1〜2kgくらい太っただけでは『また美味しいもの食べてお酒飲んで〜』みたいに誤解されることもしばしば。

マラソン大会が近づいているのも分かっていながら、それでも食べてしまうこの心の弱さ(仕事優先してるわけですが...)。誰に迷惑かけてるわけでもないのに、なんだか悪いことしている気分になるのは、嫌な感じです、本当に。おかげでまた一段と東山紀之を尊敬するに至っています。完璧に体型を管理してる人はホントにすごい。自分が出来ないことやってのける人はホントすごい。江頭2:50も然り。

投稿者 amata 18:31 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2011年02月22日 23:37

遺作展「Sayo〜31歳の扉〜」

木と梯|滋賀県近江八幡市

昨年の今日乳ガンで亡くなった、
友達のカメラマン『Sayo』の遺作展が、
今週24日から京都にて行われます。

新聞記事(asahi.com)

会場
ギャラリー古都
期間
2月24日(木)〜3月1日(火)まで
お問い合わせ
075-257-2666(同ギャラリー)

開催期間は長くありませんが、
興味のある方はぜひ足を運んでみて下さい。

投稿者 amata 23:37 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月21日 19:09

有名人でもtwitterでも何でもいいけれど

打ち上げ|馬鹿凡人

週末はNEXTGATEの打ち上げ。

何度でも言います、同業者との打ち上げは最高に楽しい。
仕事での喜怒哀楽ポイントが近いから意気投合するしない理由なんて無くて、
おかげでお酒がススム君(にしては誰も酔ってなかった気がする)。

気が付けばあっという間に終電の時間。
時間が経つのが早すぎて誰もが名残惜しさを感じずにはいられない、
そんな打ち上げが死ぬまでに一度でも多く出来るように、
これからも手を抜かずにいい仕事をし続けることを誰かに誓いました。

たとえ業種が違っても、
心を込めて仕事している人が周りにたくさんいればいるほど、
人って結構がんばれちゃうもの。

それは有名人でもtwitterでも何でもいいけれど、
最後は一緒に飲める人が結局のところ一番なわけで。

投稿者 amata 19:09 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月19日 11:05

ココロの景色

ココロの景色|no-ma

ボーダレス・アートミュージアムNO-MAにて今日から開催される展覧会『ココロの景色』のレセプションへ。ボーダレスアートという言葉、僕はちょっと違和感を感じずにいられないけど、このジャンルの作品は大好きで。色味云々の話じゃなく、どの作品にも『純度の高さ』を感じられるから。それが僕には本当に本当に羨ましくて、ボーダレスアートに逆にコンプレックスを持ってしまうほど。だから余計に惹かれます。

会場にいらしていた作家さんともお話しできて、とても有意義でした。

投稿者 amata 11:05 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月18日 13:57

だからロゴ作りはやめられない

NEXTGATE DVD COMLETE BOX

年末からグラフィック全般を担当したストリートダンス発表会『NEXTGATE』DVDと収納BOX。ありがたいことに完成品をいただきました。同じく担当したロゴが、なんと箔押し仕上げに。収納BOXは担当ではなかったし、始めて見た時は嬉しくて大興奮。『知らない間に大きくなって...』なんて子どもの成長を喜ぶみたいに感動しました。

これ、グラフィックデザイナーの数ある楽しみのひとつ。だからやめられない。昨年担当した加波次吉漆器店さまのロゴがいつか蒔絵になるのも密かに楽しみにしています。最近ではalttypeのロゴを担当することも決まりました。

明日は友人がプロデュースしたカフェ『テトラミリュー』が嵐山にOPENするので、そのレセプションパーティーに出席します。AMATA全員出席のため明日は午後から不在になります。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解下さいませ。

投稿者 amata 13:57 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2011年02月17日 17:25

仕上がってない感エグい

雪だるま|滋賀県野洲

2度目の琵琶湖レイクサイドマラソンまであと10日。

...なのに今年もやっぱり十分な調整が出来ていません。参加する友達たちも似たり寄ったり。こうなる事を見越して『走れるうちに走らなきゃ!』と、年明けの休み中に何度か走ったのは我ながらいい判断。そして良くも悪くも予想は的中。『走る < 睡眠 < 仕事』のような図式が出来上がる始末。

どうにもこの時期ヒマになる事はなさそうだし、レイクサイドマラソンは今回で最後かな。楽しめなかったら出る意味ないし。本番までに走れる時間は多くて2回、少なくて1回(ゼロは絶対に避けたい)。限られた時間の中で、できる限り楽しむ努力を。嬉しいことに前回みたくハイアーチも痛くないし、走れるカラダなだけでも楽しいってことですね。そして今回は途中でコケないことも目標のひとつに。

投稿者 amata 17:25 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月16日 14:41

ありがとうございました

雪畑|滋賀県野洲

たくさんの方からのお祝いのメッセージ、ありがとうございました。個別にご返事する余裕がなく、この場を借りて皆さまにお礼します。33歳になってロウソク『フゥ〜』はちょっと恥ずかしいし、メッセージいただくくらいが僕には心地良いです。本当に、嬉しかったです。

ブログのコメントも必ず返すと言ったくせに最近まったく返せていませんが、一文字残さず読んでいます。励みになっています。楽しみにしています。返事が出来ない理由は、僕の予想以上に今お仕事を多数いただいていており、ここしばらく頭から煙が出続けているからです。鎮火するまで今しばらくお待ち下さいませ。なるべくブログの休止だけはしたくありませんので、何卒ご理解とご協力をお願いします。

話は飛びますが是非こちらもご一読を(関西の方)。『豆ずきん』というカワイイキャラクターを創っている作家さんが闘病中なのです。同じ『ものづくり』の世界にいるだけに、少しでも力なりたいです。

投稿者 amata 14:41 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2011年02月14日 15:45

三汁三菜

こどもたち|京都十条

『120%』って数値はどうしてこんなに定着したんだろう。100%以上であることを表現したかったら、110%でも問題はないはずなのに。それなのに110%も130%もあまり耳にしません。

広告表現のポリシーとして僕が持っている『背伸びまではOK。でも足が離れたらアウト』なスタンス。等身大よりちょっと良く見せようとするのは、目指す目標としての考えもあってセーフだけど、現実とかけ離れた夢や理想を描いた過剰な表現はイカンよ、というもの。この過剰表現にガッカリした事がない人なんていません。だったらそれはルール違反ですよね、やっぱり。

不思議なことに、このスタンスをあえて数値化すると、やっぱり120%なんです。130%まで行くと完全にオフサイド。2割増がちょうどいい。定着した理由はそんなところにあるような気がしています。あるいは『にわりまし』が単に言いやすかっただけかも知れません。

そんな事を考えている今日、33歳になりました。
4を引くとまだ29歳だし、3で割ると11歳になる、そんな33歳。

またひとつ『めんどくさい人間』への階段を昇ります。
一生めんどくさい人間であり続けます。

投稿者 amata 15:45 |コメント (3)Twitterでつぶやく

2011年02月12日 15:24

満足感を制する者は何でも制す

ゲートボール|京都十条

昨日は『R-1ぐらんぷり2011』観ました。

今回からルールが一発勝負からトーナメント方式に変わり、1本のネタの善し悪しが勝負を決める!では済まなくなりました。優勝するには3本のネタを見せなければならないこの新ルールを芸人はどう捉えるか。そこには少なからず戦略が必要になり、ネタだけじゃなく芸人の心理まで妄想し出すともう止まらない。とにかく僕ら視聴者にとってこのルール変更はただただ嬉しいこと。最近はどの大会もそんな傾向になっていますね。おトク感いっぱい。

昨日の今日なので詳しい内容には触れませんが、観ていて思ったのは『満足させてくれるネタ』っていいな、ってこと。今回優勝した芸人が選んだ3本のネタはそれぞれバラエティーに富んで観ていて全く飽きなかった。もちろんひとつのネタでバリエーション変えるのも常套手段だし、それでも面白ければ何の不満もないけどなかなか難しいですよね、3本となると。2本ならまだしも、さすがに慣れてしまう。3日連続カレーが若干しんどいのと同じ心理。そこがM-1にもキングオブコントにもなかった、新ルールの隠れた落とし穴かも知れない。

これ、いろんな所で言ってますけど、どれだけ面白い映画でも、30分で終わったらダメだと思うんですよね。最低90分はやってくれないと何か損した気持ちになるというか。お造り4切れで8,000円…んなアホな。脳味噌とろける美味しさでもどこかで正気は保ってしまうわけで。一切れ2,000円という重すぎる現実が邪魔して100%酔いきれない。何でもそうです。満足感が得られた方が気持ちがいいです。その意味でも今回の優勝者はふさわしかったと思います。おめでとう今回の優勝者!面白かった!

あ、あと知ってる人が少ない時の賞レースって最初はテンション上がらないけど、いざフタを開けてみると面白い事って多いですね。

投稿者 amata 15:24 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2011年02月10日 19:15

ダンスは済んだ…ワケがない

茶ノ木カフェ|滋賀県栗東

この間の急性胃腸炎はもうすっかり回復しています。
ご心配をお掛けしました。

僕自身はそこまで深刻でない事が分かっていたし、単なるネタのひとつとして取り上げたつもりが、言葉だけ見ると大袈裟に解釈されてしまいホント申し訳なかったなぁと反省しきりです。とんだ狼少年ですね(嘘じゃないけど)。これからは正しく伝わるよう表現に細心の注...いや病気にならないよう細心の注意を払います。こっちが正解。病気なんてしてられません。

何と言っても今年はダンス再開を目指します。舞台袖でダンサーの写真を撮らせてもらったり、ダブルダッチチームのWebサイト作らせてもらえる事になったり、密にダンスと関わってしまうとやっぱり昔を思い出してしまう。それにヨガのインストラクターやってる友達もブレイクダンス始めた始末。近くで楽しんでる人がいればいるだけ、触発されるのは避けられない。ダンスは一生楽しめる遊びだと思ってます。だから病気なんてしてられません。

投稿者 amata 19:15 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2011年02月09日 20:53

alttype(オルトタイプ)

NEXTGATE 2010

関西プロダブルダッチチーム、
alttype(オルトタイプ)のWebサイトを制作させていただく事になりました。

ダブルダッチ人口が最も多い大学生世代へ向けた、
スポーティーでありダンサブルであり、
そしてダブルダッチャブル(あるのかそんな言葉)なデザイン、
これまでの経験にはない新しい表現の必要性を感じます。

もちろん機能性も兼ね備えた『使えるサイト』でもあること。
イメージ通りのハコ(Webサイト)を用意して、
愚直に堅実に運営をして行けば、きっと面白いサイトになるはず。

alttypeは平均年齢が24歳くらいの4人組。
専門学生だった頃の自分のテンションを思い出しながら、
彼らの目線や考え方と対峙していきます。

完成したWebサイト→alttype(オルトタイプ)

投稿者 amata 20:53 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2011年02月07日 17:23

好きなラーメン聞かれた時のマイベストアンサー

近江塩鶏麺|天下ご麺

どんなラーメンが好きか聞かれた時、結構困ります。

『美味しいラーメン』じゃ、求められてる答えじゃないし、かといって『●●ラーメン』と言えるほど圧倒的に好きなカテゴリーのラーメンがあるわけでもない。前に書いたネコ派か犬派の件と一緒で、ネコが好きだったらじゃあイヌが嫌いなのね、なんて受け止められるのは120%誤解です。味噌も醤油も好きだし、豚骨も魚介もWスープも好きなわけで。

誤解のない伝え方。どこかにないか模索を続けた結果、やっと見つけた僕も聞き手もなるほど納得の回答。

『スープが飲み干せるラーメン』

これです。堂々たる答え。じゃあ『あっさりめ』のラーメンなの?って言われると違う違う、そうじゃ、そうじゃない。君を逃がせない。愛は渡せない。濃厚なスープでも飲み干したくなる事だってよくあります。本能が『このスープ残してなるものか』と思ってしまうラーメンはやっぱり美味しい。スープだけ美味しくて麺は今ひとつなお店なんてほとんど記憶にありません。

『しょうゆ飲み干せる寿司屋』

これは全然しっくりきません。
異常に美味しいお店ありますけど確かに。

投稿者 amata 17:23 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月05日 14:28

やわら濃いバームクーヘン

TSUMUGI(つむぎ)|白い恋人

この間いただいた白いバームクーヘンTSUMUGI(つむぎ)。生地に白い恋人のチョコレートを練り込んでいるだけあって、他にはないコクとやさしい香り。キャッチコピー『やわら濃い』もなるほど納得。あと普通より白いのも特徴。

TSUMUGI(つむぎ)|白い恋人

近所にクラブハリエもあって、バームクーヘン自体は食べ慣れていますが、このTSUMUGIほどやさしいバームクーヘンは今まで食べた事がありません。仙台銘菓『萩の月』を食べた時みたいな、油断するとうっかり泣いてしまいそうなやさしさ。なので僕の印象は『やさし濃い』。たいへん美味しゅうございました。そして本当にありがとうございました。ハート掴めないだろなー、やさし濃い、では。

白い恋人

そしてこちらもありがとうございました。何も言う事はありません、永遠の定番。ずっとこのままでいて欲しいです。

投稿者 amata 14:28 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月04日 15:15

好んで我慢している事あるアルか

茶ノ木カフェ|滋賀県栗東

今年もかぶりつきました、
医者に止められた"生もの"がふんだんに使われた恵方巻。

でも仕方ないよ、日が日だもん。だって待ちに待った節分ですよ?僕にとってはM-1と同じくらい楽しみなイベントですよ?やろうと思えばいつでも出来るけど、それを好んで一年間我慢しているんですよ?ONE PIECE61巻の発売日ですよ?だから勘弁してやってください。そして楽しみはまた来年に。欲張って今日もかぶりついているパイセンを一人知っていますけど。

注意レベルですけど、今回の胃腸炎で食生活について制限を受けました。生ものとか、油もの。お腹が痛い事よりも、その方がもっともっとテンション下がります。僕の場合は『その方が早く治るよ』って程度の警告で、回復が遅くても良ければ何を食べたって構いやしません。でも世の中には、生死に関わるレベルで食事制限を余儀なくされている人がたくさんいます。最近では次長課長の河本とか。

よく『お酒が飲めない人は人生の半分を損している』なんて言いますけど、食べたいものが食べられなくなる事ってそんなレベルじゃない。だって今まで食べられていたんだから。もしそうなったら、そのショックたるやきっと筆舌に尽くし難い。身体は大切にしなきゃイカンとここでも改めて気付かされました。

僕のセオリー『とりあえずビール』『とりあえずお造りの盛り合わせ』が言えなくなった時、自分が自分で無くなっているかも知れません。お酒飲めない状況の時『ウーロンハイの"ハイ"抜きで。』なんて冗談言ったりしますけど、冗談が冗談で無くなってしまうわけですからね。当たり前の健康にただただ感謝です。

投稿者 amata 15:15 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月03日 15:13

初体験

茶ノ木カフェ|滋賀県栗東

日曜の夜からずっとお腹痛いなーと思って今日病院に行ったら『急性胃腸炎』って診断されました。こんなの初めて。そもそも思い当たる事が無かったものだから薬剤師さんに『原因なんですのん?』尋ねたら電車の吊り革握ったくらいでもウィルスが感染する可能性があるそうな。手洗い・うがらいをよくするように勧められましたよ。

今年はハラマキ親善大使(自称)として絶対に風邪だけは引きたくなかったから、その点はホッとしたけど、お腹に力が入らないのってめちゃくちゃツラいですよね。数ヶ月前に赤貝にあたった時もそれはそれはツラかった。

内科はまだ経験がないけれど、お客様に歯医者の方がいるので、何かのお役に立てないか、診てもらったクリニックの隅々まで観察している自分がいます。どこまで患者にストレスを与えない努力や気配りをしているか、とか。

一番気になるのはやっぱり受付の人そのもの。慣れた感じで事務的に作業をこなしては下さるけど、まず患者である僕に嘘でもいいから、希望や安心を与えて欲しいなぁ。病院に行く時点でちょっとテンション下がってるんだからねっ!最近の茂木健一郎さんのツイートで言う『温度』がそこには感じられませんでした。うん、温度は大事です。

投稿者 amata 15:13 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2011年02月02日 18:22

イヤそこは消極的なんだってばよ

お年玉切手シート

ちょっと前の話題ですが、年賀状のお年玉くじ。

昨年と変わらず、今年も1枚だけ当選しました。それも印刷ミスしたはがき。つまり自分で買ったヤツです。なんか空しい...。でもAMATAから送ったハガキが誰かに当たってたら嬉しいです。見事当選したはがきを送って下さった人って、しばらく無条件に好きになりますよね。つまり年賀状は『自分の中の急上昇ランキングに一気に躍り出る可能性付きはがき』でもあるのです。

ところで、こういう抽選ものは一番当選の可能性が高いところからチェックするのが僕のセオリー。お年玉くじで言うと『切手シート当たってないかな〜』から始めます。そもそも1等が当たってるなんて発想ないですから。そこは『どうせ僕なんて...』の気持ちスゴイですよ。切手シートが何枚当たるか、意識はその一点に集中している何だか変なテンション。

その考えなのでCMでやってるタイプの宝くじはもう何年も買っていません。親に頼まれて買う事はあっても、絶対に自分の分は買わない。だから気が付かなかったのか、驚いた事に僕の彼女はいつも1等からチェックします。これには驚いた。なんて積極的!女性は積極的とはよく言ったものです(ちょっと意味合い違いますけど)。

でもよく考えたら、宝くじ買う人ってこのスタンスじゃないと成立しませんよね。自分で買っておきながら下一桁から探す...『何求めてんねん!』って話ですよね。僕は一攫千金に縁も興味もないんです。こつこつヒット打ち続けるのが性に合ってる気がしています。死ぬまでに一度くらいはカジノ行って勝負してみたいですけど。あるいはカジノならぬカイジ的な大勝負も。

投稿者 amata 18:22 |コメント (2)Twitterでつぶやく