AMATA お客様 イラスト カメラ グルメ ネコ プリン 栄喜知 秦基博 芸人

2010年11月29日 15:38

かいしんとしっくりかん

AMATAです。

紅葉|百済寺(湖東三山)

ブログのコメントに返事をするよう改心しました。
ちょっとの時間で返事できると分かっていても体力はいるので、
申し訳ないとは思いつつも返事しないスタンスを貫いてきましたが、
そのへんの体力はtwitterによって培われました(培われ過ぎました)。

というより、
twitterやる暇があるなら返事しろよ自分、ってことで。
今まで返事をしない事を知りながらもずっとコメント下さった方、
本当にありがとうございました。感謝してもしきれません。
これからはちゃんと返事書きます。書き過ぎます。


キノコノヤ派は結構いました。
やっぱり身の回りの票だけで判断するのは危険ですね。
あれだけCDが売れているのに僕の周りにはほとんど見ることのない、
B'Zのファンだってどこかにたくさんいるわけで。
ブラマヨ小杉と友人ナオキのお母さんだけじゃないんです。
とてもいい勉強になりました。
ちなみに僕はプリングルス派(以下:グルスハ)でもあります。


昨日は偶然、ある楽器を習うことになりました。
あまりに偶然だったからマシュマロばりに軽い気持ちで挑んだのに、
自分でも信じられない程のしっくり感を感じたので、
本能に逆らわずしばらく続けてみることにします。

ずっとピアノかフルートやりたいなーって思ってたけど、
それとはまた違う種類の楽器です。
兄貴のギターを譲ってもらうこともなく、
学校以外で楽器とはずっと縁のない人生を送ってきた僕が、
なんでまた惹かれてしまったのか自分でもサッパリ分かりませんが、
今まですれ違っていた人と手を繋げそうで楽しみです。

こういうきっかけ、なんかいいです。

投稿者 amata 15:38 |コメント (4)Twitterでつぶやく

2010年11月27日 16:59

キノコノヤ集落

AMATAです。

朝が来る前に|自宅周辺|向日葵

たとえば5人に同じ質問をして、
そのうち4人の回答が同じだったら、
100人に質問しても大体8割の人がそう答えると推測します。
ごくごく一般的なリサーチのやり方です。

きのこの山(以下:キノコノヤ)が好きな人がほとんどいなくて、
たけのこの里(以下:タケノコノサ)派が圧倒的に多いです、僕の周り。
バランスで言うと2:8くらいの割合なのに、
明治製菓の調べではタケノコノサ派がちょっと多いくらいで、
キノコノヤ派も同じくらい多いですよ、とのこと。

タケノコノサに比べてキノコノヤの売上げが芳しくない理由で、
情報操作を行っている可能性も否めませんが、
リサーチ結果とあまりにも違うということは、
日本のどこかにキノコノヤ派の地域があるはずです。
組織票を集められるキノコノヤ集落がきっとあるはずなんです。

誤解の無いように言うと、
僕はタケノコノサもキノコノヤもどっちも好きですよ。
タケノコノサの方が好きなだけで。

タケノコノサ先端のチョコだけの部分をかじるの好きで、
キノコノヤは先にチョコ部分だけ食べて『骨』にするの好きです。

たぶん長野とか新潟はキノコノヤ派が多いはずです。
それはもう、条例レベルで。

投稿者 amata 16:59 |コメント (6)Twitterでつぶやく

2010年11月26日 13:04

Instagram

AMATAです。

朝が来る前に|自宅周辺

写真を気軽にみんなで共有できる、
iPhoneアプリの『Instagram(インスタグラム)』というサービス、
これすごくおもしろいなぁと思うんです。
日常をiPhoneのカメラで撮った直後にアップロード、
twitterなんかのソーシャルにも連動できるし、
アプリ単体でも写真に対して自由に『いいね!』やコメントが出来て、
即座にコミュニケーションが発生する仕組み。
『リアルタイム』という今のトレンドをうまく汲んでるなぁと。

その反対に、
いつもブログに載せているような、
その場の空気感が伝わるようなリアリティのある写真、
一眼レフで撮る写真も僕は大好きで。

『写真を楽しむ』という点はどちらも共通で、
今までなら『選択肢が多くて楽しいなぁ』で済ますところですが、
自分なりに危機感も感じています。

便利さ・手軽さはどうしてもInstagramに軍配が上がってしまい、
大多数の人の価値観がそっちの方へ変化してしまうこと。

これまで議論されてきた『フィルムとデジタル』から、
今度は『デジカメからケータイ』への移行。
カメラの世界もユニクロやH&Mの流れを辿っています。

『画質や解像力なんて気にしませんが何か問題でも?』な世界へ。

YOUTUBEも同じですね。
高価で高画質なテレビの必要性を感じさせない。

ものづくりの仕事をする上で、
そのあたりをどう捉えるかは最も大切な判断のひとつだと考えています。
新しいものを無下に否定してはいけないし、
良いものは良いと言い続けたい気持ちも強く持っています。

流れに乗りながら、流れに抗っていく。
なるべく無視することなく自分の頭で見極めたい。

この舵取りを間違えたらきっと取り返しが付かないことになります。
自分の決意や覚悟を軽々と吹き飛ばすくらい、
世の中の波は信じられないほど早く強くなっています。

何が一番怖いかって、
一度楽な方に流れるとその逆に戻ってこれない気がするんです。
そうなると困ることがあまりに多すぎて。

投稿者 amata 13:04 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年11月25日 15:41

UTAU TOUR 2010

AMATAです。

朝が来る前に|自宅周辺

先週いっぱいでAつMATAの参加募集を締め切りました。
今年も初参加の方が6〜7名いて下さるので、
前回とはまた違う空気になりそうです。
返事が保留の方は引き続き連絡をお待ちしていますね。
時間に余裕があれば企画も用意します。


明日はいいともテレホンに基博が出演します。
着々と登竜門をくぐり抜けて本当に嬉しいというか何というか、
後援会支部長の活動は何もしてないくせに、
感情だけは都合良くシンクロしてしまっています。
だって僕がいいともに出る事なんて一生ありませんから。
唯一可能性がありそうなのは、
夏休み特別企画の素人モノマネ選手権のコーナーくらいです。
もちろんこれも出る気はありません。
嬉しいだろうなぁ、絶対。


今日はこれから『UTAU TOUR 2010』を観に行きます。
坂本龍一氏と大貫妙子さんの全国ツアー大阪公演。
早いものであの日からもう一年が経とうとしていますが、
まだあの時の記憶と感動は鮮明に残っています。
今日こそ余裕を持って会場入りしないと、ただ悔いが残るだけでしょう。
だってあんなこと、もう二度と起こりませんから。

twitterはじめてすぐの出来事。
つまりtwitterも始めてから一年が経ちました。
もう少し続けていきそうです。

投稿者 amata 15:41 |コメント (6)Twitterでつぶやく

2010年11月24日 17:58

スープマグ|HASAMI(波佐見焼)

AMATAです。

HASAMI(波佐見焼)

一目惚れしたのは、
雑誌『NIKKEI DESIGN』に紹介されているのを見た時。
久々に僕の心をくすぐるマグの登場。

このマグ、
陶磁器の産地として知られる、
長崎県・波佐見(はさみ)町から生まれた『HASAMI』という新ブランド。
生地メーカーや釉薬メーカー、窯元など、
なんと立ち上げ時に10社も集まった興味深い背景があります。

飽和したジャンルで独自性を出すため、
これまで陶磁器カップには使われなかった釉薬を用いて、
絶妙なカラーバリエーションを生み出し、
かつ愛らしくノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
必然的に生まれる色ムラのおかげで、同じ色でも表情が異なります。
サイズも手頃でかわいい。持ち手も自分好み。

HASAMI(波佐見焼)

レッド。僕が持ってるのはこの色。

HASAMI(波佐見焼)

パープル。このムラ感いいですよね。ムラムラ。

HASAMI(波佐見焼)

イエロー。これとレッドで最後まで迷いました。

HASAMI(波佐見焼)

グリーン。これも悩みました。

HASAMI(波佐見焼)

グレー。白でもない黒でもない俺たちは…

HASAMI(波佐見焼)

ブルー。限りなく透明に近くはないけどブルー。

HASAMI(波佐見焼)

全員集合、の巻。ぜんぶで6色。

もうひとつの魅力はスタッキングできる点。
何色か揃えて積んでおくだけで素敵なインテリアになります。
せっかくだから見せて収納したいところ。

来客用のカップとしてAMATAでも何色か揃える予定ですが、
もうすでに在庫が少ないみたいです。

スタッキング”できるマグ|茶屋長三郎彌助

投稿者 amata 17:58 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年11月22日 14:39

ネットワーク

AMATAです。

紅葉|百済寺(湖東三山)

数えてみたらあと25日しかありませんでした。
今年の営業日。参ったな…

仕事量も少しはコントロールできて、
例年よりはバタバタせずに一年を終われそうですが、
年内に対応したい仕事は少なくありません。
でないと僕もお客様も気持ちよく新年を迎えられないので、
それだけは何としても避けなければならんです。
去年の余裕の無さったら酷いもので、
なぜか横浜で年賀状書く羽目になってましたから。


ブログでの写真の在り方を模索中です。
今までは厳選した写真だけ使ってきましたが、
ブログの更新数と写真の数が合わなくなってきたこともあって、
実験的にFlickrで沢山ご覧いただけるようにしています。
来年のある時点でこのブログの在り方も変わるかも知れませんし、
試行錯誤しながら新しい着地点を見つけるつもりです。

ひとまず先日インテックス大阪で開催された、
CYCLEMODE OSAKA 2010』の写真をアップしていますので、
興味のある方は是非ご覧下さいませ。


地元にデザイナーの友達が少ないことに気が付きました。
いることはいますが僕のようにスタッフを雇っていて、
かつボス業もやっているデザイナーは知りません。
話によると僕は滋賀県の同業者にあまり知られていないようですし、
反対に僕も同業者の方ほとんど知らないので、
当たり前と言えば当たり前ですが、
その環境で5年も続けていたことが我ながら不思議だなぁと。
例えば料理人のネットワークはやたら広いのに、
なぜデザイン業界はこうも狭いのか。いや僕が閉じてるだけかも。
一人くらいは出会いたい。目指す方向が似てる方と。

投稿者 amata 14:39 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月20日 16:18

NEXTGATE(ネクストゲート)

AMATAです。

NEXTGATEチケット|B-TRIBE

年末に京都会館で行われるストリートダンス発表会、
『NEXTGATE』のチケットを制作させていただきました。
昼の部と夜の部の2種類。色が違うだけなのに楽しい気持ちになります。
このあとパンフレットの制作へと進みます。

AMATAのサイトでも、
こういった制作事例をしっかり読み物として載せたいと思いつつ、
向こう数ヶ月は新規依頼を受けないつもりでいるので、
それなのにコンテンツを充実させるのは矛盾した行動になってしまい、
どうすべきか日々悶々としています。

採用目的以外で、
デザイナーを目指す方がサイトを見てくれるという発想。
そんなもの今までありませんでしたが、
ninkipen!今津さんのサイトは学生さんからのアクセスも多いらしく、
その視点でコンテンツを作るのは社会貢…

AMATA BLOG始まって以来の天丼です。
今日、いつもと同じ一日が、忘れられない一日になりました。


最近は大規模な案件でなく、
どちらかというと細かい仕事が中心になっています。
デザインに限らず仕事というのは、
いかに細部を気を遣えるかが大切だと考えているので、
どれもやりがいのある仕事ばかりです。

忘年会やイベントが多いこの季節。
本当に『ラッ』という間に月日が流れていきます。
創ったものや書いたものの記録が、
その早さをほんの少しだけ緩和してくれます。

投稿者 amata 16:18 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月19日 16:37

オープンソース

AMATAです。

kotohogiパンフレット|茶屋長三郎彌助

茶屋長三郎彌助様のサービスのひとつ、
ブライダル席札箸『kotohogi(ことほぎ)』パンフレットを、
先日納品させていただきました。
デザインは毎度お馴染みSTAFFのタッキー。
僕にはない『しなやか』なデザイン。

AMATAのサイトでも、
こういった制作事例をしっかり読み物として載せたいと思いつつ、
向こう数ヶ月は新規依頼を受けないつもりでいるので、
それなのにコンテンツを充実させるのは矛盾した行動になってしまい、
どうすべきか日々悶々としています。

採用目的以外で、
デザイナーを目指す方がサイトを見てくれるという発想。
そんなもの今までありませんでしたが、
ninkipen!今津さんのサイトは学生さんからのアクセスも多いらしく、
その視点でコンテンツを作るのは社会貢献としてアリかと。

実際AMATAに面接に来てくれる学生さんも、
仕事の資料を見せるとかなりテンション上がってくれます。
ある程度のノウハウは開放(オープンソース)して、
ひとりでも影響を受けてくれるデザイナーの卵がいてくれたら嬉しいです。
ページを作る時間があるかは別の話で。


先日の百済寺の紅葉写真をFlickrにまとめました。
もし良かったらFlickrにてご覧下さい。
Flickr勉強中です。詳しい方いたら飲みながら教えて下さい。

※AMATAの瀧は『華厳の滝』とは一切無関係です。
 従って日光東照宮の旅行プランのひとつに加えることはできません。

投稿者 amata 16:37 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月18日 22:11

メロメロ

AMATAです。

SNOW|小浜

今日は小浜へ。雨の中、小浜へ。

茶屋長三郎彌助の大森さんに、
近江化成工業の小林さんを紹介するために。

僕がお客様をお客様に紹介する事なんて滅多にありません。
今回はひとつのきっかけから自然とそんな流れになり、
そこにたくさんの『ハッピー』が生まれそうな匂いがしたので、
あえて流れに逆らわず身を任せることにしました。

手塚治虫の遊び心?
ブラックジャックにワンカットだけアトムが時々登場した時のような、
ちょっと嬉しいような得したような気分。
そんな感じでAMATAのお客様同士を巻き込んでも面白いと思うんです。
僕が中継することでハッピーが生まれるなら、
たとえリスクはあっても行動しない理由は全くないワケで。

結果的にうまく行きそうな予感がたっぷりで、
これからの展開が楽しみです。
カタチになったらまた報告します。

ちなみにお二人がお話しされている間、
僕は終始このニャンコにメロメロなのでした。
カワイイー(男の子ですけど)

投稿者 amata 22:11 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年11月17日 16:03

百済寺(ひゃくさいじ)|湖東三山

AMATAです。

紅葉|百斉寺

今日は朝から爽快潔リビングの『近江化成工業』様の所へ。

友人スガノ・今津さんなど5名で、
今後のブレスエアーの商品展開のお話と現場を見学に。
明日もブレスエアーの案件で小浜へ向かいます。
Webサイトも冬支度真っ最中です。

昨日は紅葉を観に、
滋賀県・湖東三山のひとつ『百斉寺(ひゃくさいじ)』へ。
紅葉を楽しむのは人の少ない平日に限ります。
写真もほとんど誰にも迷惑かけずに撮れますから。
まだまだ見頃は続くようです。

ところで、
最近お寺へ行くと自分が風景と同化する瞬間があります。
溶け込むというか『自分』がいなくなる感じ。
見事な景観や空気感・音などによって五感が研ぎ澄まされるからか。

その心地よさは何にも代え難い神秘的な一瞬。
年々お寺が好きになっています。

投稿者 amata 16:03 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月15日 18:19

おいしいじかん

AMATAです。

男木島|瀬戸内芸術祭

チラシを担当させていただいた、
食について考えるイベント『おいしいじかん』が、
LeafのWebサイトに紹介されています。
開催は次の日曜日。興味のある方は是非ご参加下さい。

昨日はサイクルモードにも行ったし、
久しぶりに友人の割烹料理屋(味凌旬菜 中)にも行ったけど、
悲しいかなブログを書く時間がありません。

この季節は写真を撮る事も多くて、
普段のブログの更新回数じゃ紹介する写真が追いつきません。
紅葉もそのうち観に行きますしね。

こうして季節外れの写真が続きます。
でも新しいレンズも仲間入りしてさらに撮影が楽しいです。
新しい仲間はいっそう素直に描写してくれます。

投稿者 amata 18:19 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月13日 14:40

それだけでしょ、お先どうそ。

AMATAです。

女木島|瀬戸内芸術祭

一万円札をくずしに、
近所のコンビニへ行ったんです。

特に何が欲しかったわけでもなく、
目に付いたショコラクリーム味の新商品を持って列に並ぶと、
僕の前に並んでいたおじさんが、

『それだけでしょ、お先どうそ。』

と言って列を譲ってくれたんです。

その紳士おじさんはカゴこそ持っていたものの、
手で持ちきれる程度の量しか入っておらず、
レジでタバコやおでんを買おうとしていたのかも知れませんが、
とにかくその好意がコンビニでは珍しくて、
思わず嬉しくなりました。

コンビニで並んでいる時に後ろの人なんて見ないでしょう。
マジック・ジョンソンでも見ませんよ。

万が一レジの女の子に告白するつもりだったら、
後ろを見る理由も分かるし、僕が邪魔なのも分かります。
そうじゃなかったから嬉しかった(たぶん)。

ありがとう近江のジェントルマン。
心までリッチになりました、なう。

投稿者 amata 14:40 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年11月12日 13:04

MacBook Air 11inch 64GB

AMATAです。

MacBook Air 11inch 64GB

以前勤めていたデザイン事務所のボスの言葉。

『俺は2時間しか集中力が持たない』

それを分かっていたボスは、
毎朝仕事場で2時間仕事をしたあと、
近所の喫茶店へ移動してまた2時間仕事をし、
そしてまた仕事場へ戻ってくる、その繰り返しでした。
その代わり常に集中しておられたので、
残業をしている姿を見た事がないし、
それどころか少し早めに終わっていた日さえありました。

当時は『そんなもんなのかな』と思っていた僕も、
今になってその気持ちは痛いほど分かります。

情報整理、企画書作成、アイデア出し、経理、デザイン作業など、
同じ場所で多様な仕事をしていると、
脳みそが『んもう!どれから手を付ければいいのっ!』と文句を言い出し、
どうしても集中力に欠けてしまう自分がいます。
急な電話やメールにも対応せねばならず、
なかなか目の前のやるべき仕事に没頭できません。

試験勉強中についつい部屋の掃除を始めたり、
卒業アルバムや漫画を見始めたりCDを整理したり、
誰もがそんな経験があると思います。
要は『無駄な時間』が出てきてしまっているのです。

仕事場でやる仕事と、他の場所でもできる仕事を分けて、
効率的に集中できる環境を作っていきます。
それはAMATAの更なるレベルアップに他なりません。
MacBook Airを買ったのは、そんな理由です。

外(最近は専らカフェ)で仕事すると、
片付ける部屋もなければCDもないし、
おまけに第三者に見られているという緊張感もあります。
脳みそも落ち着いてくれて、
結果的に『仕事がはかどる』ことになります。

イメージ的に『のんびりやってる』ように見えますが、
実は逃げ場のない場所に自分を追いやっているとも言えます。

とにかく仕事場に留まる理由はありません。

投稿者 amata 13:04 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年11月11日 18:59

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

AMATAです。

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

このブログに載せている写真は、
大抵『AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED』という、
愚痴のひとつでも言おうものならバチが当たるくらい、
僕にとっては非の打ち所のない素敵すぎて涙が出るレンズです。

ただ敢えてひとつだけ難を挙げるとすれば、
見た目が『本気度むき出し』なこと。

撮影を依頼して下さったお客様には安心していただけても、
プライベートのスナップではそのあまりの本気さに、
高校生カップルの初デートのような緊張感を生み出す時があります。
それほど威圧感のあるレンズです。実際重いし。

だから室内での撮影はほぼ御法度。
レンズ云々の前にまず僕が恐縮してしまう。
この問題をずっと解決したかった。
LUMIXもまだまだいい仕事してくれるけど何せ室内にゃ弱くて、
室内用に新しいカメラを買おうと思っていたほど。

なんて思ってたらこんなレンズ見つけました。
単焦点レンズ『AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G』。
見た目も軽くなっていい感じ。
f1.8なら室内でも活躍してくれます。
あと安かった(2万ちょいくらい)のも大きい。

絞り開放にし過ぎるとピント合わせが大変と聞いていたけど、
実際オートだと全然ピント合ってくれない。
しかもビックリするくらいボケまくり。ひたすらボケる。

そんな僕みたいなレンズが仲間入りしました。
またいつもと違った写真を楽しんでもらえそうです。

投稿者 amata 18:59 |コメント (2)Twitterでつぶやく

2010年11月10日 13:14

AつMATA2010詳細

AMATAです。

朝が来る前に|自宅周辺

『AつMATA』詳細決まりました。良かったらご参加下さい。

日にち
12月11日(土)18:00〜
ところ
GOOD FOOD(滋賀県野洲)
会費
おひとりさま3,800円(税込/飲み放題つき)
定員
25〜30名くらい
募集締め切り
11月20日(土)の18:30まで
ひとこと
お気軽にお越し下さい。お一人で初参加される方もいますよ。
飲み放題について
飲み放題は2時間です。お酒の種類は前回より増やします。リクエストがあればなるべく応えたいので事前に連絡下さい。2時間を超えても追加(有料)はできます。その辺は融通効きます。たこ焼きも焼きます(予定)。
参加の連絡
参加のご連絡は僕のメールアドレス(PCでもiPhoneでも)にお願いします。初めての方はこちらより参加の旨お伝え下さい。定員に限りがありますので、場合によっては泣く泣く参加をお断りさせていただく場合があります。その場合、このブログにて締め切りの告知を行います。また、行きたいけど予定が未定…という方もその旨ご連絡下さい。
ふたこと
ボチボチ定員が埋まってきてます。ご参加の方はお早めにどうぞ。

投稿者 amata 13:14 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月08日 18:08

三枚おろし

AMATAです。

男木島|瀬戸内芸術祭

昔は料理人に憧れて、
一人暮らしの家に圧力鍋やら中華鍋やら持ち込んでは、
大学から帰って料理ばかりしてた僕ですが、
実はこれまでの人生で魚を捌いた事はありませんでした。

敷居が高そう、ただそれだけの理由で。

それが昨日、
兄が福井からアジだのキジハタだの釣って帰ってきたものだから、
なんとなくやってみようって気になって、
親に聞いたりしながらアジを三枚に下ろしてみました。

なんだ、簡単じゃないか。
今まで何を躊躇していたんだろう、僕は。

最初は骨に沿りきれなかったり、
身体と頭がうまくシンクロしなかったけど、
基本となる部分はすぐに理解できて。

こういうの、
子供の頃に学んだ方がいいかなと思ってました。
でも大人になってからでもちゃんと理解できるんだなぁ、と。
『しくみ』を理解する力は今の方が長けているから、
『なぜそうするのか』という工程の意味もすぐに納得できる。

一番の収穫は、
刺身で食べるアジの皮がどうしてあんなにムラがあるのか、
やってみてよくよく分かったこと。

あれは微かなアジの抵抗だったんですね。

投稿者 amata 18:08 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月06日 15:54

あきない

AMATAです。

男木島|瀬戸内芸術祭

お客様にはできるだけブログを書くよう勧めています。
文章のスタイルや視点がそれぞれに違って、
お客様が増えれば増えるほどにバラエティに富んで楽しい。
中でも写真の被写体や撮り方が人によって違うのが一番の関心どころ。
写真一枚でも、その人を感じる事は十分に出来ます。


見知らぬ方のブログを楽しみにする自分がいるように、
友達だからという理由だけでブログを読まない非情な自分もいます。
すべての基準は『読みたいかどうか』ただそれだけです。
その基準を友達にも適用してしまうあたりが、
僕が冷酷かつ変人扱いされるひとつの原因なのかも知れません。
それをこんな所でさらり白状してしまうのも然り。


Webサイト制作を進めている今度のお客様は、
先日の『加波次吉漆器店』様のように、
際立って他社と差別化できる特長が見えにくい業種の方です。
お客様のサービスを『商品』と捉えた時に、
今の世の中は相当明確なメリットがないと見向きもしてくれない。
この『明確さ』を作るのは本当に難しく誰もが悩むところ。
商品の品質を向上させるのはお客様の役目で、
僕たちデザイナーはそれを気持ちよく世の中に伝えなければなりません。
今その足場をしっかり固めようとしている所です。
どこかにある答えを見つける大切な時期でもあります。

毎回違う問題点があって、本当に飽きない魅力的な仕事です。

投稿者 amata 15:54 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月05日 13:22

空を撮れる

AMATAです。

夕焼け|三重県津市

このブログで何度も言っているように、
秋の空と夕暮れが大好きで、この時期はよく空を見ています。
チャンスがあればシャッターチャンスを逃すまいと、
いつもより3割増でピリピリしています。

夕暮れの色を忠実に再現するのは難しい。
ちょっとした事で色温度が変わるからか、はたまた専用フィルターが必要か。
でも撮ったら撮ったで綺麗ではあるので、
細かい事は気にせずにこうして載せてしまったりするんですけど、
いい加減それも満足できなくなってきたので、
またも新たな課題を設けて『空を撮れる』ようになろうと。

自分が見た感動と違うもので共有を求めるのは、なんか違う。
とんねるず見た人と『渡る世間』見た人が何故か共有している違和感。
食わず嫌いの料理と幸楽ラーメンはやっぱり違うわけで。
どっちも食べたくなるんですけどね、厄介な事に。

とにかくカメラを完全な『自分の目』にしたい。
でないとまだまだカメラに撮られているような気がして。

少しずつコントロール出来てきてはいるんです。
被写体によって設定を変える箇所が自然に増えましたから。

投稿者 amata 13:22 |コメント (0)Twitterでつぶやく

2010年11月04日 11:17

有言実行

AMATAです。

カラス|伊勢湾

連休前に『食あたり』なるものにかかってしまって、
休みの半分は寝て過ごす羽目になりました。
後半はすっかり回復して休みの後れを取りもどさんとばかりに、
夕日を撮りに伊勢湾までひとりドライブ。
着いた砂浜は溢れんばかりの貝殻でびっしり。
しばらく見たくなかったのにな、貝は。


友人のスガノと、
最近親しくさせていただいている今津さん(ninkipen!)が、
先日『Tokyo Midtown Award 2010』にて、
1,354作品の中から見事『佐藤 卓賞』を受賞しました。
有言実行型の二人、素晴らしい。
今の僕には他にやりたい事ができてしまったので、
コンペに全力で向き合ったりはしませんが、
こうして身近な人たちが結果を出すのを目の当たりにすると、
抑えていた気持ちが揺らいでしまいます。


最近面接した子の中のひとりに(募集はしていませんが)、
とても絵の才能に長けている人がいました。
デザインの仕事がしたいから僕の所まで来てくれたにも関わらず、
絵のセンスを埋もれさせてしまうのがどうしても勿体なかったので、
全力で絵画の道に進むよう薦めました。
デザイン業界よりもひときわ不安定な世界に誘ったのは、
彼女もまた有言実行型の人だったからです。

僕の周りはいろんな人が頑張っています。負けてられません。

投稿者 amata 11:17 |コメント (1)Twitterでつぶやく

2010年11月01日 15:27

AつMATA2010

AMATAです。

男木島|瀬戸内芸術祭

瀬戸内芸術祭終わってしまいましたね。
なんとか1回は行けたんですけど、時間があればもう1度行きたかったな。
心をくすぐる空気が確かにありました。

さて、今年も『AつMATA』やります。
詳細はまた連絡入れますが、概要だけ先に。
良かったらご参加下さい。

日にち
12月11日(土)18:00〜(時間は変更の可能性あり)
ばしょ
GOOD FOOD(滋賀県野洲)
会費
現在調整しています
定員
25〜30名くらい
募集締め切り
11月14日(日)の18:30まで
ひとこと
面識のない方でも気軽にお越し下さい。
ご注意
参加のご連絡は僕のメールアドレス(PCでもiPhoneでも)にお願いします。初めての方はこちらより参加の旨お伝え下さい。定員に限りがありますので、場合によっては泣く泣く参加をお断りさせていただく場合があります。その場合、このブログにて締め切りの告知を行います。また、行きたいけど予定が未定…という方もその旨ご連絡下さい。

投稿者 amata 15:27 |コメント (0)Twitterでつぶやく